⚡クラックとは⚡

こんにちは🔅郡山支店です

 

皆さん【クラック】という言葉はご存じでしょうか❔

今回は建設業界での【クラック】の意味について話していきたいと思います

【クラック】とは

クラックとは裂け目、割れ目といった意味を持つ英単語ですが、

建設業界では【クラック】という言葉は

建物の外壁・内壁などにできる亀裂ひび割れを言います

主にモルタル・コンクリートの壁にみられることが多いです。

そしてクラックには2つの種類があります

 


 

クラックの種類

クラックには[ヘアークラック]・[構造クラック]の2つの種類があります。

 

ヘアークラック幅0.3㎜以下、深さ4mm以下のひび割れです
細いひび割れを髪の毛に見立ててヘアークラックと言われています
ヘアークラックは劣化の中でも初期症状なので、急いでメンテナンスをする必要がありません😄
もちろん、後々大きなひび割れになる可能性があるので
ヘアークラックを見つけたら、そろそろメンテナンスが必要なんだという目安にすると良いでしょう👍

 

構造クラック :幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のひび割れです
設計・施工時の不備などにより、構造部分に生じてしまうことがあります
もし構造クラックを見つけた場合は早急なメンテナンスが必要です😨
構造クラックはヘアークラックと違い、幅や深さも大きい為
その隙間から雨水が浸入し外壁の劣化に繋がりそこから
家の強度の低下腐食といった被害まで広がってしまう可能性が、、😱

 


 

なぜクラックは出来てしまうのか

1.乾燥
モルタル・コンクリートなど水を使用する外壁材が、乾燥してしまう

2.経年劣化
コーキング・シーリングが紫外線により劣化してしまう

3.揺れ
地震などによって力が加わり、コンクリート・モルタル、タイルなどの外壁材、
シーリング・コーキングが揺れに耐えきれず起きてしまう

等といった要因でクラックは生じてしまいます

 


 

クラックを防ぐには

クラックを完璧に防ぐ方法はありません😥

完璧に防ぐことが出来ないため、

もしクラックを発見したらメンテナンスを行った方が良いでしょう

 


 

今回はクラックについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

もしお家に今回説明した【クラック】があった場合は気軽に

ユウキホームにご相談下さい!!

 

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫