⛄冬の外壁塗装のメリットとデメリット🌨️

こんにちは😄本庄支店です🐷

最近、寒さが増してきましたね❄

今回は【冬の外壁塗装のメリットとデメリット】についてお話します🌨

そもそも冬に外壁塗装ってできるの?と思う方もいらっしゃると思いますが冬でも外壁塗装できます!

————————————————————

❄冬の外壁塗装のメリット

湿度が低い
冬は気温が低く雨が少ないため湿度が低く乾燥しています。
外壁塗装工事は重ね塗りをするたびに乾燥させる時間が必要になるため、湿度の低い冬は最適なのです。

天候が安定している
冬は雨が少なく、曇りや晴天の日が多い季節なので外壁塗装工事にとって工程の予定変更が少なく済みスムーズに行うことができます。

————————————————————

🌨冬の外壁塗装のデメリット🌨

雪による作業の中断
乾いていない塗面に雪が当たることによって雪の水分で塗料の乾燥が阻害されてしまいます。
また地面や足場、屋根などに雪が積もってしまうと足場の設置や高所の足場上での作業は非常に危険なので行うことができません。
このような理由から東北などの一部の積雪地域や北海道など、ほぼ雪に覆われるような豪雪地域では、雪解けまで外壁塗装工事が行えなくなる恐れがあります。

霜が乾燥するまで工事を行うことができない
冬は外壁や屋根の表面が夜間に降りた霜や夜露で朝方は濡れていることがあります。
外壁塗装は基本的に塗装する面が濡れていると工事を行うことが出来ないため乾くまで作業開始を待たなければならず、春や夏などに比べると作業の効率が悪くなりがちです。
余分な水分ついたまま工事を行うと塗料の乾燥を阻害し剥がれや膨れなどの塗膜不良を起こして、仕上がりの品質を落としてしまいます。

 

 

このように冬に外壁塗装を行うにあたってメリットとデメリットがあります🙋

現在の外壁の劣化具合を確認し、いつ外壁塗装を行うかご家族と業者で話し合うことが大切です😆

外壁の劣化具合の確認はユウキホームでも行えますので、お気軽にお近くのユウキホームにご相談ください🌱