【外壁塗装の色の選び方】 ツートンやカラフルに塗り替えたい方が知っておくべきこと

後悔しない色選び!ツートーンやカラフルに外壁塗装する場合に知っておくべき基本知識!どうやって塗り替えたらおしゃれに見える?

 およそ10年に一度の外壁塗装、お住まいのイメージチェンジを考えている人は誰もが「センス良く、オシャレに塗り替えたい」、「カッコ良くしたい」と考えますよね。

塗り替えでお住まいのイメージチェンジを考えている人が具体的な外壁塗装の検討段階に入った場合、何となくですけれども塗りたい色や塗りたいパターンが決まっているのではないでしょうか。「これまでは1色だったけど、ツートンにしてメリハリをつけたい」、「カラフルな色で雰囲気を明るくしたい」などさまざまなことを計画していると思います。
ここでツートンとカラフル、それぞれの定義をはっきりとさせておきましょう。

ツートーン

2色で配色すること。ツートンと表記されることが多いが、正しくはツートーン(two tone)。「2色の」という意味でバイカラー(bi-color)と呼ばれることもある。
純粋な2色ではなく、セパレートカラーを用いて合計3色になった場合もツートンと呼ばれることがある。

カラフル

「色とりどりの」、「色彩に富んだ」という英語の『colorful』が語源。
通常は有彩色(彩度・色みを持つ色)の多色配色を指すが、無彩色(白・グレー・黒の彩度・色みがない色)が有彩色になった場合もカラフルと形容されることもある。

無彩色は色数に含めない!?

ツートンも、カラフルも、解釈がちょっと難しいですね。これは無彩色の白・グレー・黒は何色使おうとも1色と数えるというカラーコーディネートでの決まりがあるからです。

さらに進んだ解釈では白・グレー・黒は色数に加えないというものもあります。
普通、セパレートカラーは無彩色、またはそれに近いものが使われますので、計3色でもツートンなのです。

 有彩色の単色も無彩色を色数に入れないのでカラフルと呼ばれることがあるのです

外壁塗装でツートーンなどの色分けしたい場合

ベースカラー

面積が一番大きく、メインとなる色。メインカラーと呼ぶことが出来ます。建物全体に占める割合60%前後。

アソートカラー

ベースカラーの次に面積が一番大きな色。ベースカラーと同系色の色を使用しながらも再度(鮮やかさ)や色相い(色み)を変化させる」。建物全体を占める割合30%前後

アクセントカラー

一番面積の小さい色。ベースカラーやアソートカラーと対照的な色えお使用するか、白や黒に近い無彩色を使う。建物全体に占める割合10%前後

塗り分ける境界は建物の構造で決定する

(1)建物の上下、1階部分と2階部分を塗り分けの境界線にする

ツートンで塗り分ける場合、もっともオーソドックスで水平方向に境界線を設けるパターンです。
ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの割合を考えた場合、境界の微調整は必要になる場合もありますが、1階部分と2階部分の境でほぼOKです。
1階部分がベースカラー、2階部分がアソートカラー、屋根がアクセントカラーになります。

(2)ベランダやバルコニーなど建物の出っ張りと引っ込みを利用する

ベランダやバルコニーが大きなお住まいにお勧めです。インパクトの大きいイメージチェンジとなりますが、違和感なく仕上がることがほとんどです。
この場合、建物がベースカラー、ベランダやバルコニーがアソートカラーになります。

アクセントカラーの役割は屋根やサッシ枠、戸袋などに担ってもらいましょう。

(3)窓や建物の角を利用して垂直方向に塗り分ける

センスが問われる難易度の高い塗り分けです。お住まいの各部位の共通部分を利用して垂直方向に境界線を作ります。

ベースカラーは建物、アソートカラーは窓や建物の角、アクセントカラーは屋根や玄関ドアになります。難しいですが、非常にスタイリッシュな仕上がりが期待できます。

(4)まとまりや統一感が感じられないと思ったら…
境界線にセパレートカラーを追加

これまで1色だったお住まいをツートンに塗り分ける場合、見慣れていないせいか、違和感を感じることがあります。
そんな場合は境界線上にプラス1色、セパレートカラーを追加しましょう。

セパレートカラーはアクセントカラーに似ていますが意味どおり、境界を明確に分けるはたらきがあります。このセパレートカラーは建築物だけでなく、さまざまものの配色技法として使われています。
境界線での色と色とのぶつかりあいを解消するため、白や黒といった無彩色、またはその近似色が使われることがほとんどです。

境界の部分にセパレートカラーとなる幕板などを設置します。幕板がないお住まいでも後付けできることがほとんどですので、ご安心ください。

外壁塗装をカラフルにしたい場合

【覚えておきたい基本ルール】景観とマッチしているか

近代を過ぎるまでほとんどの建築物は白・グレー(漆喰)、木材、地場で産出された石材や粘土といったもので構成されてきました。
 自然由来の素朴で暖かみのある色調がほとんどだったのです。良くも悪くも街並みが色とりどりになったのは現代に入ってからです。

歴史のある街では昔ながらの景観が守られているため、景観条例も厳しいものになっています。そのことを踏まえて色選びをしましょう。

(1)多く色を使うことは難しいと認識する

一般的なお家やビルなどの建物を観察してみると、多くても色数は3色程度だということが分かります。
お家本体だけでなく、お庭、門、塀、敷地全体に空間を広げてみても、多数の色を使うことは難しく、「まとまりのない・落ち着かない」といった印象になってしまいます。

お家を多色、カラフルに彩りたい時は建物などの人工的な構造物で色数を増やすのではなく、植物で補うのが理想とされています。

(2)原色は選ばない

景観を破壊し、街並みを乱すような色は選ばないでください。
分かりやすい例を挙げるなら、白や銀系統以外でお車に使われているような色は絶対にダメということです。

(3)彩度(鮮やかさ)は控えめのものを選ぶ

鮮やかな色はどうしても派手に見えますので、街並みから浮いてしまいます。
商用施設でも賛否両論があるところです。一般的なお住まいの場合は彩度を控えめにしましょう。

(4)薄めの色を選ぶ

塗り替えで女性に人気がある色がピンクです。
薄めで上品なピンクならかわいらしい仕上がりになりますが、一歩間違うと貴方も周りもショッキングなことになります。

(5)濃い目の色を選ぶ場合は暗めの落ち着いたものを選択する

同じ緑でも新芽の木の葉のような色と成熟しきった濃い緑色のものとでは後者の方が落ち着いた色に見えますよね。
間違いのない選択をしてください。