お家の壁をこすってわかる チョーキングとは

家の外壁塗装はどんな基準でする時を考えればよいのでしょうか。その答えの一つにチョーキングがあげられます。チョーキングとは白亜化現象ともよばれる状態であり、劣化した外壁であれば自然と起こる現象なのです。

それではチョーキングに関してより詳しくご紹介します。チョーキングは放置していると劣化するだけでなく、ひび割れなどにつながってしまいます。

チョーキングとは

外壁に関連する言葉で、チョーキングがあります。それではチョーキングとは具体的にどのようなことなのでしょうか。またチョーキングが起こる仕組みなどをご紹介します。

チョーキングの概要

劣化した外壁が起こす現象で、壁をさわると粉が手に着くのでわかりやすいです。一部チョーキングがでない場合もありますが、ほぼチョーキングが起こると考えてください。

チョーキングが起こると外壁塗装をするタイミングといわれ、手に壁の手がつくようであれば外壁塗装をする目安にするとよいでしょう。放置しているひびわれなどにつながるので注意が必要です。

チョーキングはなぜ起こるのか

外壁が劣化したらチョーキングが起こるのですが、それではなぜ起こるのでしょうか。チョーキングの原因となるのは、色を付ける効果がある顔料です。

新築の場合は塗料を塗ることにより、塗膜を作り表面を雨や風などから保護するのです。しかし雨風や紫外線などを受けるたびに、塗膜は劣化していきます。塗膜が分解されてしまうと、顔料が出てきてしまいこの顔料が劣化すると粉になってしまうのです。

塗料状態などにもよりますが、新築から5~10年でチョーキングが起こります。

 

チョーキングが確認できたら

チョーキングが確認をできたら、どうすればよいのでしょうか。放置をしないことはもちろんなのですが、粉を洗い流そうとしないでください。

絶対に放置をしない

どのような原因であっても、チョーキングが起きるということは家の外壁の劣化が始ま停るということです。またチョーキングが進んでいると、膜はほとんどない状態で、壁は守られていないことになります。

このような状態になると絶対に放置をしてはいけません。保護されていない壁は雨が降った時水を吸うことになり、コケなどが生えてきてひびわれなどにつながります。

洗い流しはNG

粉が手に着くと粉を落とすために、壁を洗い流そうとする方がいらっしゃいますがこの行為はNGです。保護されていない状態の壁を無理に洗い流そうとしたら、壁をより傷つけるだけですし劣化状態の根本的な快活にはなりません。

粉がついていることが問題なのではなく、壁自体が粉がでてしまう状況にあることが問題なのです。

チョーキングを少しでも防ぐことはできるのか

それではチョーキングを少しでも防ぐことはできるのでしょうか。施工の時に正しい手順をふむ他にはラジカル塗料を使うことができます。かえって壁を傷つけてしまうことがあります。

正しい手順

施工の時に正しい手順を踏まないと、チョーキングが早く発生することになります。通常、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗装をすることが多いのですが、この手順をとばしてしまうと早い段階でチョーキングがおきてしまいます。

また高圧洗浄やひびの補正などをしておかないと同じ状況になります。塗装時にきちんとした手順をしておかないと、あとからの状況が大きく変わってくるのです。

ラジカル塗料

チョーキング現象が起こるのは、紫外線や雨といった自然現象が原因となります。壁がこれらの自然現象によって劣化することにより、保護されなくなってしまい、顔料がむき出しになってチョーキング現象がおこります。

顔料に含まれるラジカルとよばれる活性酸素が塗料を劣化させるのですが、逆にいえばこのラジカルをおさえたら劣化を抑えることができます。それがラジカル塗料なのです。

今ではラジカル塗料の種類は多くないのですが、劣化を抑えることができ特別効果なわけではないので、今後ラジカル塗料を使う職人さんは増えるかもしれません。

チョーキングを放置した場合と補修方法

それではチョーキングを放置した場合はどうなってしまうのでしょうか。また補修方法をご説明します。

チョーキングを放置するとこうなる

チョーキングとは、塗膜が劣化している状態です。つまり外壁をまもるための塗膜が本来の役割である防水をすることができていないのです。防水ができないと、水がたまってしまいコケやカビなどの原因となり、長期間放置しているとひび割れが始まってしまうのです。

補修方法

チョーキングは粉を落とすことだけでは解決方法になりません。ブラシなどで落とそうとすると、劣化している壁をさらに傷つけてしまうことになります。

そのため壁を高圧洗浄したあと、塗装のし直しが必要となります。しかし工程は単純なものではなく、状況判断なども必要となるので業者におまかせするのがよいでしょう。

高所の作業では転落などの事故にもつながる危険を伴う作業なのです。

チョーキングでの注意点

チョーキングを見つけた時、こんなことに気を付けてください。わかりやすい状況であるため、悪徳業者に騙されないようにしてください。またチョーキングがおこるのは自然な劣化だけではありません。

今後同じ状況にならないためにも、しっかりとしたが外壁塗装業者を選ぶことが大切です。

悪徳業者に注意

チョーキングは素人目に見てもすぐにわかるものです。またチョーキングが見られたら、外壁塗装が必要であることを知っている人は多いです。こういったことを逆手にとって、工事を進めてくる悪徳業者は多くいます。

いきなり家を訪問し、「すぐに工事を始めましょう」といってくる業者もいるのです。実際にチョーキングが起こっていると心配ですぐに契約をしてしまう人もいらっしゃるでしょう。

チョーキングは壁が劣化しており放置してはいけないことはもちろんなのですが、すぐに壁が壊れるというわけでもありません。焦らないで外壁塗装の技術を持った業者を探すようにしてください。いくら放置はだめといっても、業者をじっくりと選ぶ余裕はあります。

チョーキングが起こるのは劣化だけではない

チョーキングが起こるのは、劣化だけが原因ではありません。施工をする際に、必要なことをしていないことにより顔料が粉化することによりチョーキングを引き起こしてしまうのです。

また施工内容によっては、劣化が早くなりチョーキングが起きるのが早くなることがあります。劣化以外でチョーキングが起きるには以下のような施工が考えられます。

・塗装をした時に大雨が降っていた

・家にあった塗料を使っていない

・正しく下塗りをしていない

・正しい乾燥期間をとっていない

・施工した時の立地(海風が当たるなど)などを考慮していなかった

このような状態が判明した時は、正しい塗料をしてもらうことが必要になります。すでに家の外壁が劣化している状態なのです。塗装をしてもらってからまだ数年なのにとお考えの方、ほぼ施工不良が原因です。

まとめ

チョーキングは壁をさわるとその壁の色の粉が手につくので、誰にでもわかりやすい状況です。またチョーキングは外壁塗装が必要である目安にもなります。

しかしすぐにでも壁が崩壊するわけではないので、じっくりと業者選びをしてください。塗装の仕方によっては、短期間でまたチョーキングがでてしまうこともあります。

現在のチョーキングも施工不良の場合も考えられるのです。