ケレンとは👂

 

 

こんにちは🙌ユウキホーム品川支店です😊

みなさん外壁リフォームを検討する時にたまに目にする『ケレン』ってなにかご存じですか❓

どんなに外壁塗装の塗料にこだわってもケレン作業をおろそかにすると外壁が長持ちしなくなってしまいます😥

外壁塗装において大切なケレンがなにか見ていきましょう💡

ケレンとは?

 

ケレン = 清浄な被塗面をつくること

ケレン作業とはトタンや屋根などの鉄部分の塗装をする前に汚れや錆を落とす作業の事を言います💡💡

これは塗料の密着度を高めるための作業としてとても重要な作業になります🙌
 
ケレンは鉄部以外にも木の部分でもあります❕🎄❕

また!塗料の密着性が良くなるように表面にあえて凹凸の傷をつける作業も含めてケレンと言われています。

この塗料の密着性が良くなるように表面を傷つける作業を「目粗し」といいます💡❗💡❗
 

ケレンの目的

 

ケレンを行う目的は、大きく2つあります☀💪

一つ目は、上記のとおり塗料を塗る前に✨塗る面を整える✨こと

塗料は構造物や建築物をさびや汚れといったダメージから保護する役割があります✔

その効果を最大限に発揮するために邪魔になるもの=さびや黒皮

塩分、水分、粉塵、塵埃などの付着物を出来るかぎり取り除く必要があります🔨🛠

特に鉄部では、さびが進行しないよう付着物を取り除くことがケレンの大きな目的です。

 

 

二つ目は、被塗面に凹凸を付けて、塗料の付着をよくすること🎇💡

つるつるの表面に文字など書いても擦ればつるっと簡単に落ちてしまいますが


表面がざらっと凹凸のある紙に文字を書いたら落とすのはとても大変です💦


これはわずかな凸凹(専門用語で、アンカーパターンと言う)が出来ることで表面積が広くなり、剥がれにくくなるためです🙌

 

 

ケレン作業の重要性

 

なぜケレン作業は重要なのでしょうか?

それは、ケレン作業無しではさまざまな問題が起こるからです😥💧

ケレン作業が不十分のまま塗装を行うと、キレイに仕上げる事が困難になります😔
 
ケレンを充分にせずに錆び止め塗料を塗装したり、塗料を塗布したりしても耐久性はあまり期待できません💔
それどころか、、、
ケレン作業が不十分だとキレイに仕上がらないだけではなく

塗装して数ヶ月もたたないうちに錆びが発生したり、 塗料が剥げてきたりしてしまいます😨

それだけでなく、せっかく塗料や錆止め塗料を塗ってもその耐久性は低く↷

塗装して数カ月後には塗料が剥げ落ち、錆が発生、、、なんて事もあります😫

 

そのような事態を防ぐためにも、ケレン作業は必要不可欠になってきます👌👌







いかがでしたか?

いかにケレン作業が大切かわかっていただけたかと思います❕

 

  • 当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

    お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

    💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫