コーキング(シーリング)とは⁉️

こんにちは!ユウキホーム上田支店です!

今回はコーキング(シーリング)についてご紹介します🎈

コーキング(シーリング)とは

コーキング(シーリングとも言われる)は、
サイディングボードやALC外壁の隙間を埋めるゴム状のものです💡
コーキングの役割は、外壁から水や汚れが侵入しないようにしたり、地震などの揺れで、外壁にひびが入らないように衝撃を吸収してくれるなどの役割があります😊
そんなコーキングの打ち替え時期は、10年が目安と言われております😌

【シーリング(コーキング)劣化の状態】

①ひび割れ
柔軟性が失われてくると、ひび割れが発生します。いますぐ補修が必要というわけではありませんが、気がついたら劣化がかなり進んでいたという場合もあります。

②破断
ひび割れを放置しておくと、破断と呼ばれる状態になります。
隙間から建物内部に雨水が浸入してしまう可能性が非常に高いため、早急なメンテナンスが必要となります。

③肉やせ
厚みが減っていくことを肉やせといいます。新築時の施工不良が原因で、早期に肉やせが発生するケースもあります。放置しておくと、コーキングが剥がれてしまいます。剥がれてしまう前にメンテナンスを行ないしましょう。

まとめ

外壁塗装・屋根塗装と一緒にコーキング(シーリング)工事をされるお客様も多いです^ ^劣化してくると、コーキングのひび割れ・しわ、ゴムが痩せて隙間ができるなどの症状が出てきます・・そこから内部に水が侵入すると建物内部木材が腐食したり、断熱材にカビが生えてしまいますので日頃からコーキングを目視でチェックし、劣化症状が見られたらすぐメンテナンスを検討するのがいいでしょう。

症状がある場合は、早めに専門家に診てもらいましょう!

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫