サイディング外壁について

1. 【時期】サイディング外壁の塗装はいま必要?

サイディングは日が経つにつれて、どんどん塗膜の防水効果が切れてきてしまうので、塗装が定期的に必要です。
そのため美観を保つためだけではなく、家を長持ちさせるため、時期が来たら塗装を検討しなくてはいけません。
では、実際サイディング外壁の塗装時期はいつなのでしょうか。
ご自宅の場合と照らし合わせながら、以下の2つの目安を確認してみましょう。

目安①:築年数10年が経ったら

サイディングの塗装は、築10年がタイミングの目安だと言われています。
サイディングはメーカーで生産されたときに塗装されますが、その防水効果はだいたい5年~10年くらいで切れてくるためです。

またよく使用されるシリコン塗料の耐用年数は約10年なので、一度塗装をしている場合も10年という目安は同じです。
そのため、築年数もしくは前回の塗装から10年経ったら「そろそろ塗装のタイミング」であることを頭に入れておきましょう。

目安②:チョーキングが発生したら

年数以外で時期を判断する方法は、サイディングに劣化症状があるかどうかです。
塗料の効き目が切れてくると、だんだん劣化症状が出始めてきます。以下の表の写真とご自宅の状況を見比べてみましょう。

症状 写真 詳細
変色 新築時の艶がなくなり、色味が薄くなって変色してきたように感じると、塗料の効果が落ちてきている証拠です。
そろそろ塗装を検討しましょう!
チョーキング 手で外壁を触ると白い粉がつく現象をチョーキングと言います。これは防水効果がなくなってきたサインです。
まさに塗装のタイミングです!
剥がれ・ひび 塗膜が剥がれたり、ひびが入った状態です。放っておくと内部にまで雨水が侵入する可能性があります。
早急な塗装と補修が必要です!
苔・カビ・藻 湿気が多い地域や場所はコケや藻、カビが生えやすい環境になるので、特に家の北側は注意してチェックしましょう。
そろそろ塗装を検討しましょう!
こちらは金属系のサイディングにみられる劣化症状です。雨の多い地域など気候の影響で錆びてきてしまうことがあります。
進行が進むと寿命を大幅に縮めてしまうので、早めに業者に相談を!
シーリングの
ひび割れ・肉やせ
シーリングに細かいひびが入ったり、シーリングが薄くなってしまったりしている状態です。
そろそろ塗装・補修を検討しましょう!
シーリングの
欠落
シーリングが剥離してしまったり、欠落してしまったりすると早めの補修が必要です。
早急な塗装と補修が必要です!
スクロールできます

シーリングとは、サイディングボードの間の隙間を埋めるゴム状の素材のことを言います。
シーリングが劣化することで外壁の隙間から雨水が侵入してしまうため、シーリングは外壁と切っても切り離せない存在です。

 

もし塗装のタイミングなのに放置してしまったら?

 

上記で紹介した劣化症状が見られていても、そのまま放置してしまうのは大変危険です。
なぜなら症状が進行してしまうと、写真のように建物内部まで水が浸入して腐敗が起こってしまう可能性があるからです。
そのため、塗装では対応しきれずそれ以外の方法でメンテナンスする必要が出てきます。
もしサイディングボードの張り替えやカバー工法となった場合は、塗装より費用がかさんでしまので、無駄な出費をしないためにもなるべく早めに対応しましょう。