ジョリパッドのメリット・デメリット

こんにちは!佐久平支店です🍎

本日は、前回ご紹介したジョリパッドの

メリット・デメリット”をご紹介していきます!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

 

デザイン性が高い

100以上のカラーや凹凸があるデザインを作り出せるため、

自分好みの外壁に仕上げられます!

外壁にこだわりたい❗ という方におすすめの仕上げ材です😊

 

② 耐久性・耐火性に優れている

耐用年数は15〜20年と考えられていて他の塗料に比べても高い✨

また耐火性・防火性にも優れていて、安全性も高いです‼

万が一火事が起きた場合、燃え広がるスピードを抑えてくれます◎

 

③ ひび割れしにくい

粘性のある塗材なので、建物が揺れてもひび割れしにくいです🏡

 

④ 人体への安全性が高い

JIS工業規格が定める、ホルムアルデヒドの発散料が少ない製品のうち、

最も高いエフフォースターを取得しています★★★★

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

割れやすい

ジョリパット自体は弾力性があるため割れに強いですが、

下地のモルタルやセメントが割れやすいため、

ジョリパットも引っ張られて破損してしまいます💥

 

汚れやすい

凹凸がある模様は溝に汚れが溜まりやすいです😫

ジョリパットでも平坦な仕上がりだと比較的汚れにくいですが

デザイン性を重視するのであれば

定期的に掃除して、きれいに保つ必要がありそうです🤔

 

③ 価格が高い

職人の手作業で作る模様は、

さまざまなデザインに仕上げられ手間がかかるので

工事費が高くなってしまいます💦

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

今回は、ジョリパッドの「メリット・デメリット」についてご紹介しました!

デザイン性が高いため、他の家とは違う外壁にしたい人におすすめです🌸

次回は「ジョリパットが利用できる下地材は?」についてご紹介します!

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫