チョーキングって??

こんにちは!ユウキホーム宇都宮支店です✨

今回はチョーキングについて詳しく説明していこうと思います!!

チョーキング現象って?

チョーキング(白亜化)現象とは、塗料に含まれている顔料が外壁の表面にチョークの粉のようになって出てきてしまうことを指します。外壁の塗装表面にある表層樹脂が、紫外線風雨などによって劣化してしまうことによって発生する現象で、壁を触ると手に粉が付着します。
粉の色は白いことが多いですが、外壁の色と似たカラーの粉末が付着していたら、チョーキング現象である可能性が高いです。

使用する塗料によっては防水や防カビなどの機能でもって家を守ることが可能です。外壁は一度塗装すればずっと持続するわけではなく、年月とともにダメージを受けてさまざまな劣化現象が起こるため、塗装面の塗り替えが必要になります。また、チョーキング現象は自然な劣化現象ではなく、施工不良が原因で起こることもあります。
チョーキング現象が起こりやすい施工不良の代表例は、
・塗料が十分に混ざっていなかった
・高圧洗浄での作業や塗装作業の際に手順を誤った
・環境に合っていない塗料で塗装工事を行った
などです。
使用した外壁塗料の耐用年数よりも大幅に塗装膜の劣化が早い場合は、施工不良の可能性を疑ったほうがいいかもしれないです。

 

チョーキングが発生しやすい場所

チョーキング現象は、特に紫外線の影響を受けやすい場所で発生します。

日当たりが良い南側や、西日が当たる面にある外壁の他、2階や3階、軒天井による日陰ができないバルコニーの壁などは、注意深く観察しておきましょう。

一度チョーキングが起こってしまったら、自然と直ることはありません。どんどん悪化していきます。
塗料の寿命が近づいていると判断し、早めに補修しましょう。

また、今後たとえチョーキング現象が起きなくても、10年に1回程度は外壁の点検やメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

チョーキングを放置すると危険⛑

チョーキング現象は塗膜劣化が起きている状態のため、環境から家を守る役割が弱まっていることになります。耐久性や防水性など本来の性能が低下していることから、雨水が侵入してコケやカビが発生したり、ひび割れが起きたりする可能性も否めません。
チョーキング現象は自然に治まることはなく、放置するとどんどん劣化が進んでいきます。激しい劣化を避けるためにも、チョーキング現象が起こっていたら塗り替えを検討しましょう。

 

チョーキング現象のセルフチェック方法

【外壁を触った時に粉がつくかをチェック】
チョーキング現象が起きている外壁は、触った時に白い粉がつきます。太陽がよく当たる外壁を指でなぞってみて、白い粉がつくなら塗膜表面に劣化が起きていると判断できます。指に白い粉がつくだけでなく、外壁自体が退色していたり粉状のものが飛んでいたりしたら著しく劣化が進んでいる証拠です。
このとき、壁の色がうっすらと移る程度なら、そろそろ外壁リフォームを検討しようかな、と考え始める程度で良いですが、しっかりと手に色が付いてしまうようでしたら、かなり劣化してきているため早めに塗装し直しましょう。また、塗膜表面の色によって、白い粉ではなく、茶色黒色の粉がつく場合もあるので、判断しにくい場合は専門の業者に調べてもらいましょう。

【水に濡れた時の外壁の変色をチェック】
劣化した外壁は防水性が低下しているため、水に濡れた時に変色します。雨が降った後や、水をかけた際に変色が確認できたらチョーキングが起きているといえます。外壁の防水効果がなくなって放置し続けてしまうと、雨水が家の中に侵入し建物全体を傷めてしまい雨漏りの原因にもなるので早めの対策をとりましょう。

いかがだったでしょうか😊

チョーキングを補修するためには、しっかり高圧洗浄をした後に養生作業をし、外壁を塗装し直す必要があります。塗装作業も、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りをしなくてはならないため、時間がかかります。しかも、ムラなく塗ることはDIYの素人には相当難しい上、脚立作業も転落事故などの危険性があります。チョーキングの補修はご自身で対処せず、必ずプロの業者に改修工事を依頼しましょう♪

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫