チョーキングとは

こんにちは! 小山支店です😎

今回はチョーキングについてをお話しします👏

チョーキング現象とはなにか?またその原因

チョーキング現象は「白亜化現象」とも呼ばれ、外壁を指で触った時に白い粉がつくことをいいます。白い粉の正体は、雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になって塗装表面に現れたものです!

外壁塗装は建物の美観に関わるだけではなく、紫外線や雨風から建物を保護する役割も果たします。また、使用する塗料によっては防水や防カビなどの機能でもって家を守ることが可能です。外壁は一度塗装すればずっと持続するわけではなく、年月とともにダメージを受けてさまざまな劣化現象が起こるため、塗装面の塗り替えが必要になります。
また、チョーキング現象は自然な劣化現象ではなく、施工不良が原因で起こることもあります。
チョーキング現象が起こりやすい施工不良の代表例は、

高圧洗浄での作業や塗装作業の際に手順を誤った
②環境に合っていない塗料で塗装工事を行った塗料が十分に混ざっていなかった
使用した外壁塗料の耐用年数よりも大幅に塗装膜の劣化が早い場合は、施工不良の可能性を疑ってください😨

チョーキング現象を放置するとどうなる?

外壁塗装をすると、表面がツルツルとして汚れが付着しにくいキレイな塗装面になります。

しかし、チョーキングが起きている外壁では、塗膜が失われているため、水をはじく撥水性がなく、雨水がしみ込みやすい状態にあります。
そのまま放置しておくと、外壁にコケやカビが繁殖し、汚れや水分を溜め込みやすい壁になってしまいます。

チョーキングは外壁塗装のタイミングの目安

外壁材の内側に水分の侵入を許すと、建材が内から腐食・腐朽して劣化が進行し、外壁のひび割れや剥離が起きやすくなります。
外壁のヒビ割れや剥離を放置すると、雨漏りがおきるかもしれません。
また、住宅の耐震性や強度を損ねるため、早めの外壁塗装が必要です。

チョーキング現象は、塗料の劣化の初期症状として、外壁塗装を考えるのに良い目安になります。
外壁へのダメージが大きくなる前に早めに塗装することで、美しい外見を保つだけでなく、将来的な建物の補修費を抑えることができます。

チョーキングが起きたらすぐに塗装が必要ということではありませんが、放置しておけば、結局はメンテナンス費がより多くかかることになります!

定期的なメンテナンスで安く修繕費を抑えて綺麗な家を保ちましょう💫

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫