パラペットってなに❔

こんにちは!高崎支店です🐷

今回は『パラペット』についてお話します🙋

パラペットとは…

建物の屋上やバルコニーの外周部にある立ち上がり壁の部分のことを言います。屋上やバルコニー等の外周部に設置されることが多く、高さは場所によってさまざまな幅があります。陸屋根式の住宅やデザイナーズハウス等で用いられています。


パラペットの役割

陸屋根の場合
陸屋根は雨漏りしないように防水工事がされています。パラペットがあることで屋根に降った雨は排水溝に集まりそこから雨樋を通って地上に排水されます。パラペットが無い場合、降った雨は屋根から外壁を伝って流れます。外壁に多くの雨水がかかることで雨漏りのリスクが増えてしまいます。仮に雨漏りしなくても、その状態が長期に渡ることにより壁面に汚れが付着したり苔や藻の発生などにも繋がります。外壁自体の寿命も縮めてしまうこともある為パラペットが必要なのです。ただしパラペット自体も雨水の影響を受けやすいことから定期的なメンテナンスが必要になります。

傾斜のある屋根の場合
陸屋根以外にもパラペットが付いている屋根があります。箱型デザインの建物に見せたい場合や店舗などで看板を立てるため等、屋根の傾斜を隠すという意図でパラペットを設置するケースがあります。ある程度傾斜が緩いことで高さの無いパラペットでも箱型ですっきりと見せることができます。


 

屋根の点検・メンテナンスをする際は

屋根と同じくらい劣化やダメージを受けているパラペットも一緒に

点検・メンテナンスを必ず行うようにしましょう😊