ベランダ・バルコニー防水工事の重要性

 

こんにちは!ユウキホームです!

ランダ・バルコニーの床は、紫外線や雨の影響を受けるため、定期的に補修や防水工事を行う必要があります。FRP・ウレタン・シート(塩化ビニール)防水といった種類がありますが、それぞれのメリット・デメリットについて把握しておきたいところですよね。今回は、各防水工事の特徴や寿命について、ご紹介します。また、表面に塗装しているトップコートの塗り替え時期についても、あわせて確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

工事箇所は”防水層”か”トップコート”のみか

ベランダ・バルコニーの床面は、下地の上に「防水層」を作り、その表面に「トップコート」を塗ることで構成されています。

ベランダの防水層の種類としては、FRPの被覆防水層を形成する「FRP防水」、液体ウレタンの塗膜で防水層を作る「ウレタン防水」が主流です。
また合成ゴムや塩化ビニール樹脂で作られた「防水シート」を貼る工法もあります。

この他に、アスファルトを合成繊維不織布に含ませて防水層を形成する「アスファルト防水」もありますが、こちらは屋上向けの工法なので、ベランダやバルコニーに使われることはほとんどありません。

なおベランダやバルコニーの床の表面には、主にグレー色の塗料が塗られているのを見かけることが多いと思います。
このグレーの塗装が「トップコート」です。
実はカラーバリエーションはたくさんあり、ベージュ・白・黒・ライトブルー・グリーンなども選べます。

トップコートには、防水層を紫外線から守る役割があり、主に「ポリエステル系」と「ウレタン系」の2種類があります。

トップコートが剥がれているだけか、防水層から直す必要があるかによって、ベランダやバルコニーのリフォーム内容が変わってくるのですが、それぞれ適切なメンテナンス周期が異なります。

 

防水層の耐用年数は10~15年前後

防水層は、10年前後で老朽化してきます。
素材によって、耐用年数は最長12~20年程度と幅はありますが、太陽の光などによって日々劣化していくため、ひび割れなどが発生する前に、10年に一度を目安にリフォームしておきましょう。

トップコートは5年に一度を目安に塗り替えを

一方、トップコートは5年程度の頻度で塗装が必要です。
保護塗料であるトップコートが劣化していると、防水層が熱や紫外線の影響で退化しやすくなります。
美観の復旧や遮熱対策にも繋がるので、トップコートの塗り替えはこまめに実施しましょう。

 

 

ベランダの防水は重要!こんな症状が出たら補修工事を

なお、築5~15年経過しているかどうかにかかわらず、ベランダやバルコニーの床で以下のような異常を発見したら、補修が必要です。

表面の色褪せ

床の表面が荒れている時・色褪せが見られる時は、トップコートの機能が低下してきています。
なるべく早めに塗り替え工事を依頼しましょう。

塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ

ひび割れや、剥がれた箇所・ふくれた箇所を見つけた際には、表面のトップコートの塗膜だけか、防水層から劣化してしまっているのかを業者に確認してもらいましょう。

めくれた部分や浮き上がった部分がある場合には、トップコートや防水層だけではなく、下地の工事も必要になる可能性が高いです。

ベランダ・バルコニーに水がたまる

ベランダに水がたまるのは、排水口(ドレン)にゴミがたまっている/防水効果が切れてしまっている/雨水を自然に流すための勾配がそもそもなかった、といった原因が考えられます。

まずは排水口の掃除をご自身で行い、水が流れるか見てみましょう。
解決しない場合は、業者に現状をチェックしてもらってください。
状況に合わせて、排水口のひどい汚れや劣化がある場合は清掃をしてもらう/防水効果が切れている場合は防水層をリフォーム/勾配がない場合にはモルタルで勾配を作る、といった対応が必要です。

植物や藻の繁殖

ベランダ・バルコニーの床を割って、植物が芽を出している場合や、藻が発生している場合も要注意です。
特に雑草の根や茎は、非常に強く頑丈です。成長していく過程で、コンクリートを破壊してしまう恐れがあります。

放置してしまうと、防水層だけでなく、住宅自体を損壊させる危険性もあるため、早急にベランダのリフォームを行って除去しましょう。

雨漏り

ベランダの床の防水性が失われると、水が建物内部へ浸入し、建物を支えている大事な柱や梁、骨組みなどが錆びたり腐食させたりしてしまう危険性があります。

雨漏りは、ベランダ劣化の中で最も緊急性の高い状態です。
早急に業者に依頼し、雨漏りしている箇所をチェックしてもらいましょう。

 

 

FRP防水の特徴

FRPとは、「繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforced Plastics)」の略称です。

プラスチック材料の中でも衝撃性に強く、耐水性や成形性が良いことから、ベランダ・バルコニーの床だけではなく、ボートや自動車のボディパーツ、浄化槽、バスタブ、太陽光発電や通信設備の基礎架台など、様々な成型品に利用されています。

FRP防水のメリット

FRP防水は以下のような特性があるため、新築住宅の多くのベランダ・バルコニーで採用されています。

【軽量のため建物にかかる負担が少ない】

FRPの重さは、3~5kg/㎡程度と非常に軽いです。
重量があると住宅全体にも負荷がかかってしまうため、軽量なFRPは、築年数が経った家や木造住宅の狭いベランダにも最適と言えます。

【強度がある】

軽量でありながら、重量に耐えられる強度があるのも、FRPの特徴です。
屋上駐車場の床にもよく使われています。

【耐摩耗性に優れている】

またFRPは摩耗にも強く、日々洗濯物を干すたびにベランダを歩き回っても、剥がれにくい性質を持っています。
競技場や工場の床などにも多く使用されているほどです。

 

ウレタン防水の特徴

ウレタン防水は、液体状のウレタン樹脂を塗布する工法です。

材料が化学反応を起こして硬化すると、ゴム状で弾性のある一体性のある防水層ができ上がります。
狭小部や複雑な形状をした場所でも、継ぎ目のない完全な防水膜を形成できるのが特徴です。

また、下地に含まれている水分を脱気させることができるため、ふくれのトラブルが起きにくく、屋上やルーフバルコニーなどあらゆる場所に適しています。

ウレタン防水のメリット

ウレタン防水には、柔軟性や見た目の美しさなどのメリットがあります。

【色々な下地に対応できる】

ウレタン防水は下地がどんなものでもほとんど対応できるのが魅力です。
そのため既存の下地を活かすことができ、廃材も少なくて済みます。

【廃材が出にくい】

基本的に、既存の防水層の上に重ねて塗る工法であるため、廃材が出にくい分、手間やリフォーム費用を抑えやすいという魅力もあります。

 

 

塩化ビニールシートの特徴

塩化ビニール樹脂シート(塩ビ・塩化ビニルとも言います)を使う場合は、既存の防水材の上から施工することが可能です。

下地に直接貼り付ける「接着工法」、もしくは等間隔に置いた円盤やディスク板に熱溶着を行う「機械固定工法」で施工するのが一般的です。

塩化ビニールシートのメリット

塩化ビニールシートは、ベランダやバルコニーと非常に相性の良い素材で、以下のような利点があります。

【紫外線に強い】

塩化ビニールは、紫外線や熱に強いため、耐候性に優れており、強い日差しが当たるベランダやベルコに―に非常に適しています。
屋上やルーフバルコニーの床にも多く採用されています。

 

 

 

 

 

 

 

【耐摩耗性が高い】

また耐摩耗性もあり、洗濯物を干す際などの歩行にはもちろん、鳥がついばんでしまった場合でも穴が開きにくいという良さがあります。

【トップコート塗り替えが不要の場合が多い】

紫外線に強いことから、塩化ビニールシートの上にはトップコートを塗装しないで済むケースが多いです。

ただし、あえてトップコートを施工する事例もたくさんあるので、必要性についてリフォーム会社に確認してみると良いでしょう。
屋根がないルーフバルコニーなどの場合は、トップコートも塗布してもらったほうが良い可能性があります。

 

 

放置していると取り返しがつかなくなる可能性がある

ベランダやバルコニーを歩いた時に、パタパタと音がしたら、早めにリフォームをしましょう。
長期間放っておくと、防水層のひび割れや雨漏りを引き起こします。

例えば、下地に合板を使用しているベランダでは、合板の接着材不良や、合板の張り合わせ部分の剥がれが原因で、防水層が浮いてしまっていることがあります。

防水層やトップコートだけではなく、下地から作り直さなくてはいけない状態の場合や、雨漏り箇所の修理が必要な際には、工事費用が高額になってしまいます。

5~15年の周期でベランダやバルコニーの防水対策をしておくことは、結果的に家全体を守ることにもつながります。

ベランダ・バルコニーの防水工事を検討されている方はお気軽にご相談ください。