ルーフィングシートの役割と種類

 

こんにちは! 郡山支店です🔅

今回はルーフィングシートの役割と種類についてをお話しします🤗

 


 

 

そもそもルーフィングシートって何?

 

ルーフィングシートとは屋根材の下に敷く[根用の防水シート]のことで、下葺き材とも呼ばれています😄

 

ルーフィングシートの役割って?

 

☆ルーフィングシートの役割は劣化要因である【】からお家を守ることです。

 

★屋根材の下に敷かれているおかげで、雨が降り屋根材の内側に入り込んだ雨はルーフィングシートの上を通り屋根材の隙間や軒先から流れ出ます

もしルーフィングシートが破損すると雨漏りに繋がってしまいます🌧️

 

ルーフィングシートの種類

 

そんな重要な役割を持っているルーフィングシートですが、種類もたくさんあります!!

 


1. アスファルトルーフィング
メリット :止水性が高い・安価
デメリット:破れやすい・小まめなメンテナンスが必要

 


2. 改質アスファルトルーフィング
メリット :止水性・耐久性が高い
デメリット:凍結する可能性がある

 


3. 透湿防水ルーフィング
 メリット :防水性・透湿性が高い
デメリット:高価・工事に時間がかかる

 


4. 高分子系ルーフィング
メリット :耐久性・伸縮性が高い
デメリット:寿命が短い・紫外線で劣化する

 


5. 粘着層付きルーフィング
メリット :密着性・防水性が高い
デメリット:高価


6. 不織布ルーフィング
メリット :耐久性・柔軟性が高い
 デメリット:高価

 


 

今回はルーフィングシートについて詳しく説明しましたが、ルーフィングシート重要さを分かっていただけましたでしょうか?

もし雨漏りが起こっているなら原因はルーフィングシートにあるかもしれませんナヤム

お家のことでお悩みの方はぜひお近くのユウキホームにてご相談ください✨

 

  • 当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

    お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

    💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫