・外壁塗装で気を付けたい 外壁材と塗料の相性

フッ素・無機・弾性塗料で塗り替え!気おつけたい!外壁材との相性!!!

基本的な性能も高く、耐用年数も長い、フッ素塗料や無機ハイブリッド塗料。高性能で知られるこれらの塗料ですが、実は塗ることができる外壁材が限られる、塗る外壁材を選ぶこともあることをご存知でしょうか。
高性能な塗料だからといって、どんな外壁材でもそのスペックを発揮できるとは限らないのです。

外壁塗装の際の注意点
塗料と外壁材には相性が存在するって本当!?

世の中には実に多くのさまざまな塗料が存在します。一般的な戸建て住宅の外装を例にあげてみても、外壁と屋根には違う建築資材が用いられていることがほとんどです。

外装には木部もあれば、金属の部分もありますし、塀などにはコンクリートや金属が使われています。これら建築資材に合わせた塗料がそれぞれ存在するので、その種類も多くなるのです。

建物の塗り替えの際、金属用の塗料で木部を塗ろうとする人はまずいません。

それぞれ専用の塗料が用意されているので、違う素材の部分に塗っても長持ちしないことが明白だからです。

外壁塗装に関しても、これは同じです。現在の戸建て住宅の場合、外壁はモルタル、窯業系サイディング、金属サイディング、ALCが大半を占めています。これらの外壁に合わせ、下塗り時も、中塗りと上塗り時も、最適な塗料を選ぶというのが長持ちさせる秘訣なのです。

相性というと、感覚的な感じが否めませんが、それぞれの工程において外壁に対して最適な塗料を選ぶことだとお考えください。

下塗り・中塗り・上塗りそれぞれの工程で外壁に対して相性の良い最適な塗料を選びましょう!

外壁材の特徴から探る!最も相性のいい塗料とは!?

モルタル、窯業系サイディング、金属サイディング、ALC、各外壁材にはさまざまな特徴があり、さまざま利点と弱点が存在します。それら特徴、メリット・デメリットを理解した上で塗料を選ぶというのが賢い外壁塗装の方法なのです。

特徴を抑えた上で、デメリットをカバーしてくれるような塗料を選びましょう。

各外壁材で弱点やデメリットとなっている部分をサポートしてくれる性能を持った塗料でないと相性が悪いものとなってしまうのです。
それでは、それぞれの外壁材にあった塗料について詳しく見ていきましょう。

モルタル外壁……………弾性塗料

セメントに砂を混ぜ、練り上げたものがモルタルです。これを下地に貼られたラス網という金網に塗りつけて外壁を形成していきます。モルタル自体に防水性はなく、塗装することによって防水性を保持しています。現在では工法なども進化し、以前よりもクラックなどが入りづらくなりましたが、それでもひび割れやすいことには変わりありません。

モルタル外壁で相性の良い塗料を選ぶためのポイント!

クラックに追従する塗膜を持った弾性塗料が最も塗り替えに適した塗料となります。また、塗膜自体で防水性を保持しているだけで、水が染み込みやすい外壁です。傷など水が染み込んだ場合のことを考えて、透湿性も重視したいところです。純度の高いアクリルを使用した塗料は塗膜の伸縮性も高く、耐用年数も長いのでお勧めです。

窯業系サイディング…透湿性の高い塗料

セメントに繊維を混ぜ込み、成型した外壁材で工場で生産されています。こちらもサイディングボード自体に防水性はなく、塗装によって防水性を保持しています。

窯業系サイディングで相性の良い塗料を選ぶためのポイント!

湿気だけを通過させる塗膜を持った透湿性の高い塗料をお薦めします。サイディングボードの意匠性に拘りたいという方でクリア塗装したい方、そのリクエストにもお答えできます。透湿性の高い塗料でクリア塗料がありますので、こちらを選択してください。

金属系サイディング…下塗り材

文字通り金属を加工し、外壁材にしたものです。使用される金属にはステンレス、アルミ、ガルバリウムがありますが、ステンレスやアルミは高価なので、一般的な住宅においてはガルバリウムが主流です。このところ、新築物件でも金属サイディング外壁の建物が増えています。一番の弱点は錆なので、傷やもらい錆に注意してください。錆が出てしまった場合は除去してから塗装します。金属なので表面が高温になりやすく、弾性塗料は不向きです。

金属サイディングで相性の良い塗料を選ぶためのポイント!

金属系サイディングが普及しはじめたのは最近であり、フッ素コートや親水性加工されているケースもあります。そういった加工を施された金属系サイディングは塗料が付着しないことも多く、適切なプライマーやシーラーを使用することが求められます。パーフェクトトップは下塗り材を変えるだけでほとんどのものに塗装できる上、透湿性も高いので人気のある塗料です。

ALC…………………………透湿性の高い塗料

軽くて丈夫、断熱性も、遮音性も高く、しかもコンクリートだから燃えないというのがALC外壁の特徴です。こう書くと良いこと尽くめなのですが、ALCにも弱点があります。
 多孔質(細かい穴が無数にある)なので、極めて吸水しやすいのです。健全であれば、無数の細かい穴は塗膜に覆われているため、吸水することはありません。

ALCで相性の良い塗料を選ぶためのポイント

ALC外壁は吸水させないというのが一番なのですが、シーリングの劣化や飛来物などよる傷で雨水を吸水してしまうこともあります。その場合、いかに早く吸水した水分を排出するかがポイントになります。湿気が外壁内部にこもらないよう透湿性の高い塗料を使用するのが一番です。

相性が悪いわけではないが極めて塗料が付着しにくい外壁材も存在する

21世紀以降、極めて汚れにくく、いつまでも綺麗が長続きする外壁材が急速に広まりました。
外壁に付いた汚れを分解する光触媒、色褪せしにくい無機系ハイブリッド塗料、雨によって汚れを落とす親水性機能、汚れにくさを実現するフッ素コートなどの技術などが実用化され、外壁に応用されたのです。

これらは素晴らしい技術なのですが、同時に外壁塗装しにくいという面も含んでしました。汚れが付きにくい分、塗料も付着しづらいのです。これらは難付着サイディングと呼ばれています。

高性能塗料だからどんな外壁でも対応できるわけではない!高性能塗料の落とし穴