冬でも外壁塗装って出来るの?

こんにちは!!ユウキホーム大宮支店です😁

今回は冬の外壁塗装のメリット・デメリットに関しての情報を、大宮支店よりお届けさせて頂きます!!


まず第一にそもそも冬でも塗装はできるのか?

結果として、冬でも外壁塗装工事を行うことは可能です!!

何となく冬は不向きだと思っている方も少なくは無いかと思います。実は私もその一人でした、、、。

しかし、地域によっては大雪が降ったりと環境が整わないという理由で塗装が出来ない所もあったり、いくつかの条件・作業に制限は付きますが絶対に出来ないという事はありませんのでご安心ください✨

ここからは、メリット・デメリットに関してお伝えをさせて頂きます!


ますはメリットから紹介させて頂きます!!


晴れの日が多く、湿度も低く乾燥するのが早い!!

☞地域のにもよりますが、冬は晴れの日が多く比較的に雨が少ない季節なので、台風シーズン・梅雨の時期と比べると工事スケジュールが立てやすく、そこまで大幅に工期のずれが生じなくなります。また、工事中はどうしても窓を閉め切らなくてはならず夏は暑くて大変です、、、。ただその点冬であれば、窓を開けるという事は殆ど無いかと思われるので問題はありません。

但し、これは初めに記載させているように地域ごとで変わります。業者への確認をお忘れないよう気をつけてください!!


乾燥した空気が塗料にとって好条件!!

☞塗料が使用できなくなってしまう温度って実は決まってるんです!!「気温-5度以下」そして「湿度が85%に達している」(メーカー・塗料の種類で違うことがあるのでカタログの注意点を確認してください)

高すぎる湿度の中塗装を行うと、密着不良を起こしてしまい剥がれや縮みが生じます。その為一年の中で湿度が高くなりやすい梅雨・夏は雨が降ると湿度が80%付近まで上昇してしまう為に塗装を行えなくなることがあります。ですが空気が乾燥していて湿度が低い冬は、気温の低さで塗料が乾くのに時間が掛かる点を除けば、塗り替えに適している季節です。


ここからは、冬の塗装でのデメリットをお伝えします!!


暖房器具が一時的に使えない!!

☞この寒い時期に暖房器具が使えないのは本当に辛いことです😣ですが、外壁塗装中は室外機を一時的に外したり、カバーで覆われてしまう事があります。また、ガスの給湯器も作業中はシートで覆われてしまうので、お湯や床暖房は使えなくなってしまいます。

ただ、業者によっては使えるように工夫をしてくれるところもありますので、お困りでしたらユウキホームへご相談ください!!


日照時間が短く工事期間が長い、、、。

☞冬の塗装工事で厄介なのが日照時間が短い為、工期がずれることは無いにしろいつもよりも長めにスケジュールを確保しなくてはいけない点です。また冬は夜露や霜が乾くのも待たなくてはならないので作業が安全にできる時間帯が一番少ない季節です。

周りが暗い状態で作業を行うとそれこそ施工不良に繋がります。日が沈んでもなおも作業をしている作業員がいたらそれは間違いなので、覚えておいて下さい!!


今回は冬の塗装工事に関してお伝えをさせて頂きました。この他にも色々とメリット・デメリットはありますので、この冬にリフォームを考えている方が居ましたら、今回のブログを少しでも思い出して頂けると幸いです😊

お困りごとがございましたら、是非ともユウキホームにてご相談ください!!皆様のご来店をお待ちしております。それでは、また次回のブログにてお会いしましょう!!