可塑剤って?どんな役割を持ってるの??

こんにちは☀熊谷本社です🐻

今回は可塑剤についてご紹介します!

可塑剤って何?🤔

皆さん『可塑剤』って聞いたことありますか?

可塑剤とはプラスティック類(合成樹脂)や天然ゴム(天然樹脂)などを柔らかくして、柔軟性を持たせるための添加剤のことです。

フタル酸系アジピン酸系リン酸系トリメリット酸系など数多くの種類があり、20~30種類の可塑剤があります。

 

どんな役割を果たしてるの?

外壁の隙間や外装材の継ぎ目などに使われるシーリング剤に使用されています。

隙間を柔軟性のある材料で防ぐことで伸縮が起きても、シーリング材の弾力により隙間ができずに密閉を維持してくれます。

要するにシーリング材を柔らかくして、使用しやすくしているのが可塑剤ということなのです!

さらに可塑剤は、塗料に含まれていたり接着剤などにも欠かせない添加剤なんです!!

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫