塗装には欠かせない下地処理とは⁉️😊

こんにちは!ユウキホーム上田支店です!

今回は塗装には欠かせない下地処理について紹介します🎈

外壁塗装をおこなう際には、塗料を塗る前に必ず下地処理をおこないます。

下地処理を適切におこなうかどうかによって、外壁や屋根の塗装の仕上がりが大きく左右されるのです。

塗装の下地処理が不十分だと…

塗装が剥がれやすくなる

・ひび割れしやすくなる

・見栄えが悪くなる

・防水性が低下する

高圧洗浄

塗装前の下地処理では、初めに高圧洗浄をおこないます。

高圧洗浄機を使用して、塗装面に付いた汚れや古い塗膜を取り除くことが目的です。

そして、高圧洗浄が終わったあとは、しっかり乾燥させることが重要です。

コーキング補修

サイディングの外壁材は、パネルとパネルの間に隙間が空いていて、この隙間を埋めているものをコーキングといいます。

このコーキング部分が劣化して、ひび割れなどが発生している場合は、補修をしなければいけません。

クラック補修

クラックとは、ひび割れのことをいいます。塗装面にクラックが確認できた場合は、しっかり補修をおこなうことが大切です。

補修方法クラックが小さい場合は下塗り材を刷毛で埋め込む作業になります。

大きなクラックの場合は、その箇所をカッターでVカットかUカットに切り広げ、その中にコーキング材を流し込み、埋めていきます。

ケレン

ケレンとは、ヤスリや電動工具

を使用して、塗装面のサビを落とす作業のことです。

この工程でしっかりサビを落とさないと、すぐにサビが再発生してしまいます。

そのため、とても重要な工程になるのです。

このような作業を塗装の前におこない、塗装面の状態を整えるのです。

まとめ

外壁塗装をおこなう上で、下地処理がとても重要な役割をしていることが理解していただけたのではないでしょうか?

下地処理で手を抜いてしまうと、塗装が密着せずに剥がれやすくなったり、家の寿命も短くなったりと、あとからさまざまな問題が起こってしまいます。

そのようなことが起こらないために、下地処理をきちんとおこなうことが大切です。下地処理をしっかりおこなうには、外壁の現状を把握することが大切です。

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫