外壁にコーキングはなぜ必要なのか

こんにちはユウキホームです

外壁のコーキングがなぜ必要なのか、補修方法などを詳しく解説したいと思います

 

「外壁にコーキングが必要な理由が知りたい」「外壁のコーキング方法てなに」外壁のコーキングが劣化しているのを見つけ、このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

外壁にコーキングはなぜ必要?

外壁にコーキングはなぜ必要?
外壁のコーキングは、外壁材の劣化や雨漏りを予防するために必要な工程の一つです。
コーキング材は弾性があるため、外壁にコーキングをしておくことで、住宅が横揺れした際の外壁材のずれやひび割れを防ぎます。
また、コーキング材は防水性もあるため、外壁材の隙間に充填しておくことで雨漏りによる住宅劣化も防げるのです。
コーキングは、主に外壁材の隙間の充填や、ひび割れた箇所の補修に行われます。

コーキングとシーリングの違い

コーキングとシーリングの違い
外壁塗装や建築現場では、「コーキング」と「シーリング」にはっきりとした違いはありません
どちらも外壁などの繋ぎ目や隙間を充填する工事として同じ意味で使われます。
日本工業規格(JIS)では、コーキング材とシーリング材を以下のように分類しています。
材料 規格
シーリング材 構造体の目地や隙間に充填(じゅうてん)して防水性、気密性などの機能を発揮する材料
油性コーキング材 展色材(天然樹脂、合成樹脂、アルキド樹脂など)と鉱物質充填剤(炭酸カルシウムなど)を混合して製造したペースト状のシーリング材
また、英訳を見てみると「コーキング」とは隙間を詰める、または防水するという意味で、「シーリング」は封をするということです。
英訳からも、2つがほぼ同じ意味の工事内容ということがわかります。

外壁で発生するコーキングの劣化症状

外壁で発生するコーキングの劣化症状
外壁で発生するコーキングの劣化症状には、主に以下の3つがあります。
・剥がれ
・ひび割れ
・欠け
それぞれの劣化症状について、具体的にどのような現象が起きるかを解説していきます。

剥がれ

経年劣化などにより、コーキングがボロボロと剥がれ下地が見えてしまうことがあります。
コーキングの剥がれを放置していると、外壁の防水機能が低下するため早めの補修が必要です。

ひび割れ

コーキングの表面が収縮し、細い線が入ったようなひび割れを起こします
ひび割れを放置すると、コーキング材が硬くなり「破断」と呼ばれる大きな傷となります。
ひび割れはコーキングの弾力性を失ってきているという証拠なので、放置せずに早めに補修しましょう。

欠け

経年劣化やコーキングの厚み不足によって起こる欠けは、外壁の防水機能の低下や劣化原因となります
欠けている箇所が広い場合、外壁材が横揺れの衝撃に耐えられず、外壁がひび割れする可能性もあります。
早めにコーキングし直すようにしましょう。

外壁のコーキング補修方法

外壁のコーキング補修方法
外壁のコーキング補修には、主に2つの方法があります。
・打ち増し
・打ち替え
それぞれの方法について、メリットやデメリットなども含め詳しく解説していきます。

打ち増し

打ち増し
打ち増しとは、既存のコーキングの上からコーキング材を充填する方法です。
既存のコーキング材を取り除く必要がないため、作業工程が少なく、工事費用も安く抑えられます。
しかし、コーキングの劣化が激しい場合は打ち増しでは補修できません。
また、既存のコーキングの上にコーキング材を充填するだけなので、耐久性はあまり高くなく、施工不良となれば劣化が早まる可能性もあります。
補修する際は打ち増しでも可能か、業者とよく相談しましょう。
【メリット】
 ・費用が安く抑えられる
【デメリット】
 ・耐久性は高くない

打ち替え

打ち替え
打ち替えとは、既存のコーキングをすべて取り除き、新たなコーキング材を充填する方法です。
新たにコーキングし直すため、耐久性が上がりますが、作業工程が増えるためその分費用もかかってしまいます。
【メリット】
 ・耐久性が上がる
【デメリット】
 ・費用がかかる
気になることがございましたらお気軽にユウキホームまでお越しくださいませ