外壁のひび割れを放置するとどうなる?建物への影響や対策を徹底解説

新築のときはきれいな外壁にも、経年とともにひび割れが目立ってくることがあります。

外壁のひび割れはあらゆることが原因で現れますが、危険なものとそうではないものに分けられます。

危険なひび割れは建物へ大きな影響を与える可能性があるため、適切な補修を行わなければいけません。

では危険なひび割れとはどのようなものなのでしょうか?

今回は外壁に現れるひび割れのうち危険なものとそうでないものの違いについて、またひび割れを放置するとどうなるのかなど詳しく解説したいと思います。

外壁にひび割れが起こる原因とは

外壁にひび割れは、外壁材の種類によっても変わりますがさまざまな原因で発生します。

おもな発生原因となるのは以下の通りです。

  • 塗膜の劣化
  • 地震
  • 乾燥収縮
  • 施工不良
  • コンクリート中性化

これらのくわしい説明は割愛いたしますが、外壁にひび割れが起こることは珍しいことではありません。

ひび割れが危険なものかそうでないかを見きわめ、危険性が高いものについては適切な方法で補修をすることが重要なのです。

外壁に現れるひび割れで危険性の高いものとは?

外壁にできるひび割れは、「ヘアークラック」と「構造クラック」の大きく2つに分けられます。

クラックとはひび割れのことを意味しますが、これら2つのうち危険性が高い可能性があるのは「構造クラック」です。

それでは、この2つのひび割れについて、それぞれどのようなものなのか見ていきましょう。

ヘアークラック

ヘアークラックとは、幅が0.3mm未満のその名の通り髪の毛程度の小さなひび割れのことです。

ヘアークラックは、表面に限られる微細なひび割れとして、基本的に補修の必要はありません。

もし時間の経過とともに大きくなるようであれば補修を検討するとよいでしょう。

構造クラック

構造クラックは、幅が0.3mm以上と比較的規模が大きく構造に影響を与える可能性があるひび割れのことです。

ヘアークラックと違って、表面的な症状にとどまらず深い位置にまで及んでいる可能性が高いため、適切にひび割れ補修をする必要があります。

おもな補修方法は、ひび割れの範囲を削り落とし、補修材を充填して塗装で仕上げることが一般的です。

またコンクリート躯体の場合は、エポキシ樹脂を注入して固定したり、内部の鉄筋が錆びている場合は錆び落としなどの処理をした後に補修材を充填して塗装で仕上げたりします。

外壁に現れるひび割れを放置するとどうなる?

外壁のひび割れを放置することで起こる影響について、いくつかご紹介したいと思います。

雨漏り

外壁がひび割れると水分の侵入を許すようになります。

外壁材の裏側に水分が入り込むと外壁材も水分を含むようになり、もろくなってひび割れも大きくなることがあります。

水分は時間をかけて徐々に内部へと入り込み、建物内部まで水分が到達すると雨漏りに発展するのです。

耐久性の低下

外壁のひび割れから水分が侵入すると、柱や土台など建物の重要な構造部を濡らしてしまうことがあります。

構造部が濡れて腐朽することがあると、建物の耐久性は著しく損なわれ、万が一の地震発生時には揺れに耐えられなくなる可能性もあるでしょう。

またコンクリート躯体の場合、ひび割れが鉄筋まで到達しているようなら非常に深刻です。

水分の侵入によって鉄筋が錆びて膨張し、内部からコンクリートを破壊する「爆裂現象」が起こることがあります。

この場合も、徐々に範囲を拡大させながら強度は著しく損なわれ、建物寿命は大幅に短縮されるでしょう。

まとめ

外壁のひび割れは、その規模によって危険性が変わります。

危険度の判定基準は0.3mmより大きいか小さいかということですが、この大きさは専用の「クラックスケール」で測定することが可能です。

規模の大きなひび割れは、危険性が高い可能性もあるため、専門業者に調査を依頼し危険であれば適切な補修をしてもらいましょう。

外壁のひび割れや塗装に関するご相談は、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。