外壁塗装で使用されるシリコンってどんな塗料?①

こんにちは!ユウキホーム本庄支店です!

今回は、外壁塗装で使用されるシリコン塗料ってどんな塗料?①ついてお話ししていきたいと思います😆

 

シリコン塗料ってどんな塗料?

シリコン塗料とは、シリコン樹脂を主成分とした塗料で
 
価格・耐久性に優れた、外壁塗装では最も主流な塗料です。
 
塗料選びに迷ってなかなか決められない場合は、シリコン塗料を選べば間違いありません!
 
例えばウレタン塗料だと、価格は安いですが耐用年数が6~8年程度です。
 
対してシリコン塗料は10~15年の耐久性があり、外壁塗装工事の価格は使用する塗料のグレードによって異なります。
 
アクリルやウレタンといった塗料は比較的安価で、フッソや遮熱塗料はハイグレードで高価な塗料ですが
 
シリコン塗料は総合してコストパフォーマンスに優れている塗料です。
シリコン塗料の特徴
 
シリコン塗料は固い塗膜で撥水性が高く、汚れが付着しづらいためホコリや泥を弾く性質がございます。
 
また、光沢を長時間維持し600℃以上の高熱に耐えることのできる塗膜を形成します。
 
耐候性にも優れているシリコン塗料は、雨や風・紫外線などから受ける影響を抑えますので、
 
外壁の劣化を最小限に抑えてくれます。
シリコン塗料の塗料とは?
 
シリコン塗料には、大きく分けて
 
水性(水性一液型)
 
油性(溶剤二液型)
 
油性(溶剤二駅型)
 
の3種類があり、塗装を施す用途によって使い分けられます。
 
主な用途は、一般住宅の外壁塗装塗り替え・カーテンウォール塗装・シーリング材・建設用保護材などです。
 
また、身近なところではシャンプーやファンデーションにもシリコン樹脂が使用されています。
①水性と油性の違いとは?
 
水性と油性の違いは、塗料をなにで薄める(希釈)かが大きく異なり
 
希釈する時に使用する液体が重要です。
 
水で希釈するモノが水性塗料で、溶剤で希釈を行うモノが油性(溶剤)塗料となります。
 
水性=水を使用
 
油性=シンナーを使用
 
また、水性と油性では油性の方が耐久性が高いです。
 
油性ペンと水性ペンを想像していただくと分かりやすいですが、
 
水性ペンは擦ると色が落ちますが、油性ペンは何をしてもなかなか落ちません。
 
油性塗料は有機溶剤を使用するため、水性塗料よりも危険を伴いますが
 
耐久性は圧倒的に油性塗料の方が強いです。
どちらもメリット・デメリットと言うものはありますので、皆さんのお家の環境に合った塗料を選びましょう。
②一液型と二液型の違いとは?
 
一液型と二液型の違いは、「主剤」と「硬化剤」があるかないかです。
 
二液型の塗料は、この主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使用しますが、
 
一液型の塗料は、一つの液体だけで塗装が可能なため
 
一斗缶から塗料を出し、軽く攪拌するだけで使用ができます。
 
一液型=一つの液体で塗装を行える塗料
 
二液型=二つの液体を混ぜる事で塗装が行える塗料
 
作業工程が短縮され扱いやすい塗料ですので、近年人気が高くなっていますが
 
耐久性の面では、二つの液体を混ぜて塗装する二液型の塗料が優勢です。
以上、外壁塗装で使用されるシリコン塗料についてのお話しでした!
次回は、外壁塗装で使用されるシリコン塗料②についてお話ししていきたいと思います😆

 

 

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫