外壁塗装で使用する道具の種類 塗る道具編

こんにちは!ユウキホーム高崎支店です🍄

外壁塗装で使用する道具についてお話したいと思います😆😆

まず外壁塗装は様々な工程があり、それぞれで様々な道具を使用します。

その中でも今回は外壁塗装には欠かせない塗り道具をご紹介します!


塗装を行う道具は3種類
塗装で使用する道具にはローラー、刷毛(はけ)、スプレーの3種類があります。それぞれの道具の特徴について詳しく説明していきます。


ローラー
基本的に外壁塗装ではローラーを使い塗装します。一度に広範囲を塗ることができるためローラーは非常に重宝されています。また刷毛やスプレーと比べ職人の技術にあまり左右されず綺麗に塗装することができます。

メリット、デメリット
■メリット
・一度に広い範囲の塗装ができる。
・ムラなく仕上げることができる。
・職人の技術にあまり左右されない。

■デメリット
・ローラーが入らない部分は塗れない。
・狭い場所など塗れないため、使用できる箇所が制限される。
・手入れをしないと毛が抜け落ち塗膜に入り込んでしまう可能性がある。

刷毛(はけ)
古くから外壁塗装に使用されている道具の1つでローラーが出回ってからは使用頻度が低くなりましたが、ローラーで塗装できない部分は、刷毛を使用します。職人の技術が仕上がりに大きく影響される道具ですが、技術のある職人が塗ることで、どの道具よりも均一にムラなく仕上げることが可能です。

メリット、デメリット
■メリット
・広範囲に塗料を吹き付けることができるので施工が早い
・スタッコ仕上げ、リシン仕上げなどスプレーでしかだせない模様がある

■デメリット
・吹き付ける距離を見誤ると、ムラが発生してしまう
・養生をしっかりしないと違う塗布物ににかかってしまう
・均一に塗料を放射できないので塗料のロスが生じる
・不快な臭いや騒音が発生する

スプレー(エアブラシ)
塗料を霧状にして噴射するスプレーは、吹き付け工法で使用されます。均一に塗装できることから戸袋や雨戸など表面に凹凸があるものに使用されます。また工場の屋根など広い範囲の塗装や薄塗りの塗装が必要な場合に使用します。

メリット、デメリット
■メリット
・吹き付けた凹凸形状によって立体感が生まれ重厚な雰囲気に仕上げられる。
・作業跡が分かりにくいため、補修や改修にも向いている。
・仕上げの模様が豊富で広範囲を短時間で作業できるので効率的

■デメリット

・塗料が飛び散りやすく、ロスが多い。
・飛散防止のため必ず養生が必要。
・ムラができやすく、凹部に塗料が行き渡りにくい。
・スプレーガンによっては、音がうるさいなどの問題もある。


いかがだったでしょうか?

外壁塗装に必要な道具はまだまだ沢山あります。

次回も外壁塗装に必要な道具をご紹介していきます!

お楽しみに😆😆❣