外壁塗装に発生するピンホール(気泡)のリスクとは?

外壁塗装で起こる不具合のひとつに「ピンホール」があります。

「ピンホール」とは塗膜の表面に現れる非常に小さい穴のことをいいますが、見た目にもよくない印象を与えるばかりか、塗装としての機能を損ねることにもつながる現象です。

今回は、外壁塗装に「ピンホール」が発生する原因と効果的な対策について解説したいと思います。

 ピンホールが発生する原因とは?

ピンホールとは塗膜表面に現れる小さい穴のことですが、発生原因の多くは施工不良によるものです。

その量が少なければ大きな問題ではありませんが、多い場合は美観を損ね、さらには塗膜の耐久性にも影響を及ぼすことがあります。

耐久性への影響とは、十分な塗膜厚が確保できていないこと、そして水分を侵入させてしまうことなどが挙げられます。

十分な塗膜厚が不足すると強い塗膜を形成できません。

また水分を侵入させると、劣化を促したり、冬には凍害を起こしたりすることがあるため十分な注意が必要です。

それでは、ピンホールが発生するいくつかの原因についてご紹介したいと思います。

  • 下地の処理が十分ではない
  • 下塗りの乾燥時間が十分ではない
  • 下地面や下塗り面などに不純物が付着していた
  • 厚く塗り過ぎ
  • 施工時の気温が適切ではない

下地の処理が十分ではない

塗装工程に入る前には、高圧洗浄と適切な下地処理が必要です。

しかしこれら前段階の処理が十分でなく、下地面に巣穴が残った状態で塗装工程に移行すると、塗装後に巣穴の空気が抜けてピンホールを発生させることがあります。

下塗りの乾燥時間が十分ではない

下塗り後には、規定の乾燥時間を確保しないと上塗りと密着しにくく、さまざまな不具合を起こす原因になります。

ピンホールもそのひとつで、密着性の悪化によって空気が入り込み、そして乾燥後に抜けてしまうのです。

下地面や下塗り面などに不純物が付着していた

下地面や下塗り面にゴミなど不純物が付着したまま上塗りをすると、そこには空気が入り込む余地が生じてしまいます。

その空気は塗膜が乾燥した後に抜けてピンホールを発生させます。

厚く塗り過ぎ

塗装するときには、塗料ごとに規定塗布量が設定されています。

少ないと耐久性が確保できませんが、多過ぎても外側と内側の乾燥にズレが生じ、密着性の低下とともに空気が入りやすくなります。

塗装時の気温が適切ではない

塗装工事のときの気温が適正でない場合もピンホールが発生することがあります。

低温時は乾燥しにくくなることで密着性が低下して空気が入りやすくなり、逆に高温時の急激な乾燥もピンホールの原因になります。

ピンホールを防止するための効果的な対策とは?

ピンホールが発生する原因は、施工不良によることが多くなります。

したがって効果的な対策とは、正しい方法で施工することにつきるでしょう。

正しく施工することで、100%とはいかないまでも大部分は防ぐことが可能です。

また、もしピンホールが発生した場合でも、剥離して塗装し直すことで大きな問題に発展することはありません。

要するに、適正な施工を確実に行うこと、そして完成後に検査を実施して問題があったら適切に是正することなど、当たり前のことがピンホール対策になるということです。

当たり前の施工を当たり前に行える塗装業者に依頼することが重要なポイントになるでしょう。

まとめ

外壁塗装のピンホールは、信頼できる塗装業者に依頼することで解決が可能な問題です。

外壁塗装を検討しているのであれば、情報を収集し、見積書の内容や対応など総合的に判断することが重要になります。

外壁塗装に関するご相談やお見積りは、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。