外壁塗装を長持ちさせたい方へお薦め、耐用年数20年超の無機塗料 

耐用年数20年以上!!次の塗り替えまでの期間を長ーくとれる無機塗料

『耐用年数が20年以上、中には25~30年』という塗料があることをご存知でしょうか。これまでの常識を覆す塗料が無機塗料です。塗料の耐用年数の長さは価格に比例しており、無機塗料も事実、お高めです。しかし、圧倒的な耐用年数により塗り替え回数を減らせるので、実はコストパフォーマンスにとても優れた塗料なのです。そんな無機塗料の全てをご紹介いたします。

「何度も外壁塗装をしたくない」という方へ
耐用年数20年以上の無機塗料はいかがですか

 およそ「10年に1度」行わなければならないと言われている外壁塗装などのお家のメンテナンス、それを『楽しみにしている方』もいれば、できるだけ『その回数を少なくしたい方』もいると思います。

前者の方々は『お家の綺麗になる』、『外観のイメージチェンジが楽しめる』といった理由からではないでしょうか。後者の方々は『普段とは違う生活となってしまうし、ご近隣の方々にも配慮しなければならない』と考えてしまうからでしょう。

前者の方も、後者の方も、それぞれ耐用年数20年超の無機塗料での塗り替えはいかがでしょうか。

例えば、前者の方で『前回の塗り替えで理想通りのイメージチェンジになった。そろそろ外壁塗装が寿命なので塗り替えなければならないけど、今回は特にプランもない。このままの色で塗り替えてもらうのもいいけど、何か勿体ない。』と思うこともあるのではないでしょうか。耐用年数が長い塗料を選んでおけば、寿命を理由に塗り替えることは少なくなります。

後者の方は『普段とは違う生活となってしまうし、ご近隣の方々にも配慮しなければならない』と考える機会が圧倒的に少なくなりますよね。

科学(化学)の進歩と各メーカーの努力によってここ数十年で塗料は圧倒的な進歩を遂げました。おおよその目安としてウレタン10年、シリコン15年、フッ素20年という塗り替え目安がありましたが、最近は耐用年数20年超という無機塗料が存在し、製品にもよりますが寿命は30年に迫るといわれています。

無機塗料は耐性年数が長いから、工事中の不便ご近所へのトラブルも最小限で済みます。

無機塗料の魅力はやはり長持ちであること!
アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機塗料の耐用年数

一般的に塗料はその樹脂膜の成分(乾燥後に建材を保護する途膜)によって、これまでの実績や耐候試験により、どれだけ性能を保持できるかの目安が公表されています。その中でも無機塗料はこれまで最強とされていたフッ素の20年を超える耐用年数を記録しています。

・アクリル…約5-8年

・ウレタン…約7-10年

・シリコン…約10-13年

・フッ素系…約15-20年

・無機塗料…約15-25年!!!

※無機塗料はメーカーによって耐用年数を「15年」としているところもあれば、「20年」や「25~30年」としているところもある。ここではそれらを参考に15~25年とした。

塗料の耐用年数というと、シリコンを12~13年程度という人もいれば、15年弱という方もいます。立地や環境によって耐用年数が左右されるのはしょうがいないにしても、ちょっと不思議ですよね。塗料メーカーなどはリスクを考えてある程度少なめにアナウンスしています。

また、耐用年数は色褪せなどの発色を含め、求められる性能を満たしている期間のことを指しています。寿命は使用に対する限界までの期間です。塗膜などは求められている防水性よりも性能が低下したとしても、ある程度の期間までは問題なく使用できます。耐用年数が過ぎたとしても使用に耐えられる期間は残されているのです。

無機塗料の弱点は高額なこと
ただし耐用年数が長く塗り替え回数が減らせるのでトータルではお得

「無機塗料は柔軟性がないため、割れやすい」と言われます。たしかにその傾向はあるのですが、弾性を持ったものも存在します。外壁材に合わせて、選択することが可能です。唯一の弱点はかなり高価であるということです。価格が高いとされるフッ素よりもお値段が少しだけ張ります。ただし、他の塗料に較べると圧倒的に耐用年数が長いため、塗り替え回数を少なくすることできます。

外壁塗装に掛かる金額は塗料の代金だけではありません。足場の仮設費用なども高額ですから、これらの費用を減らせることを考えれば初期費用は高いものの、次の塗り替えまでの期間が長く取れるのでお安いとも言えます。

実は身近なものである無機を詳しく知っておこう

「無機」を完結に言えば「炭素(C)を含まない」ということです。炭素は生物にとっても、無生物にとっても媒介物として非常に重要な役割を果たしており、他の物質と結びつきやすい性質を持っています。

塗料の場合は炭素同士と他の樹脂成分が結びつきあって塗膜を形成しています。この炭素は極めて他の物質と結びつきやすいのですが、その結びつきが壊れやすいという特徴もあります。

それに対して無機は炭素を持たないので他の物質と結びつきにくく、そのために壊れやすさを心配する必要もないのです。

身の回りのものでは陶磁器や粘土瓦が無機物にあたります。食器などの陶磁器は劣化しませんし、粘土瓦の耐用年数も50年以上、現役の世界最古の瓦は1400年以上前のものと言われています。

塗料においては塗膜を形成する樹脂がどうしても有機でしか作れません。これまでの一般的な塗料よりも無機成分が多いものが無機塗料、もしくは無機・有機ハイブリッド塗料と呼ばれます。現在において完全な無機塗料は存在しないことを覚えておいでください。

無機の耐用年数の長さの秘密

窯業系サイディングや金属サイディング、モルタル外壁に塗られた塗料が劣化してしまう原因のほとんどは紫外線や加水による分解、つまりは化学変化です。強風によって土や砂埃が直接、外壁にあたることにより、物理的な傷もつきますが、それで致命的な変化を起こすには相当な年月が必要です。

これまで人類はさまざまな体験をしてきました。太古から雨や風に耐えうる建物の構築にも挑んできました。その中の経験則で長年の使用に耐えられると判明したものが無機である粘土から作られた瓦やレンガです。それらの成分が主体となっている無機塗料は長寿命を誇るのです。

 

科学的・物理的な話をしますと、塗膜の寿命を縮める最大の原因である紫外線は破壊するエネルギーを持っています。

一般的な塗料の場合…塗膜の方は炭素と炭素を中心とした結合ですので、その結合力は356 kj /molしかありません。それに対し、紫外線の持つエネルギーは410kj/molですから、炭素と炭素を中心とした結合では負けてしまう、つまり劣化していくのです。

無機塗料の樹脂…一方で無機塗料の樹脂はケイ素と酸素の組み合わせが多く、こちらは435kj/molの結合エネルギーを持っています。紫外線よりも持つエネルギーが高いため、劣化しにくいのです。ちょっと難しい話ですが、ケイ素がガラスの主原料であることを考えれば納得がいくのではないでしょうか

代表的な無機塗料

無機塗料というと馴染みがないかもしれませんが、実は数多くのメーカーがラインナップしています。やはり、どれも耐用年数は長く、ほとんどのメーカーでも20年以上となっています。

●ダイフレックス スーパーセランシリーズ

期待耐用年数を「25~30年」としている唯一のメーカー(製品による)。溶剤や水性などさまざまな製品が存在するので、建物や環境に合わせて選ぶことができる。溶剤2液型のスーパーセラン(期待耐用年数25~30年)、弱溶剤1液型のスーパーセランマイルド(期待耐用年数25~28年)、水性塗料のスーパーセランアクア(期待耐用年数25~28年)、屋根も外壁も塗れる遮熱塗料スーパーセランIR(期待耐用年数20年以上)、スーパーセランに柔軟性を持たせたスーパーセランフレックス(期待耐用年数24~26年以上)がラインナップされている。

無機塗料についてのまとめ

  • ほとんどの無機塗料の耐用年数が20年以上で、中には25~30年のものも存在する
  • 値段は高いが圧倒的な耐用年数から考えるとコストパフォーマンスは高い

  • 現在、無機塗料と呼ばれているものは完全な無機ではなく無機と有機を組み合わせたハイブリッド塗料
  • シリコン塗料などにも顔料として無機成分が使われているので、適当なことをいう業者には要注意

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

 

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫