外壁塗装工事の流れと期間

こんにちは。ユウキホーム郡山支店です!

外壁、屋根の塗装を検討していても工事期間がどれくらいかかるかわからず、予定が組めなくて躊躇してしまう方いらっしゃいませんか?

本日は工事をやるにあたっての流れだったり、期間はどれくらいなのかを説明したいと思います!

外壁塗装の工程と期間

初めての人でも簡単!外壁塗装の工程と期間が全てわかる基礎情報
↑あくまで目安となっております。お家の状況などにより工期が伸びる可能性がございます。

 

外壁塗装の工程と期間は密接に関係しています。
それは、塗装の工程でどのようなものが行われ、その工程ではどのくらいの期間がかかるのか。
その結果、外壁塗装が完了するまでの日数が、短くなったり長くなったりするわけです。

外壁塗装の工程が順調に進んだ場合のスケジュール

外壁塗装工事できちんとした工程が行われて、その工程できちんとした期間が設けられていた場合、以下のようなスケジュールになります。

工程 期間
ご挨拶・塗装準備 1日目
足場の設置 2日目
塗装前の洗浄 3日目
下地処理 4日目
塗装前の養生 5日目
下塗り 6日目
中塗り 7日目
上塗り 8日目
点検と手直し 9日目
片づけと足場の解体・撤去 10日目

 

ここで覚えておいてもらいたいのが「スケジュール通りにいかないこともある」ということです。外壁塗装の工程で詳しく説明していきますが、雨や洗浄・塗料の乾燥日数の延長が発生する場合があるため、必ずしもスケジュール通りにいかないこともあります。

 

足場の設置(期間:1日間)

足場の工程では、足場の材料を運び入れて足場を組み、塗料の飛散を防止するための覆いである「養生」や、メッシュシートなどを取り付けます。職人さんが安全確実に作業するために、また足場崩壊による事故を起こさないためにも、足場の設置はとても重要な作業です。

 

塗装前の洗浄(期間:1〜3日間)

高圧洗浄(水を強い圧力で噴射)の工程では、高圧洗浄機を使って外壁のほこりや汚れを除去したり、塗料の劣化によって壁の表面にできた粉(チョーキング)を落としたりします。「下地処理」の前に行うこともあります。

古い汚れが残ったままでは、塗料を塗り替えることができません。それは、汚れた状態で塗り替えても、塗料が1〜2年ですぐに剥げてしまうからです。そんなにキレイに塗装したとしても剥がれる原因は洗浄の丁寧さが関係してきます。

高圧洗浄機がかけられない部分は、ブラシなどを使って手作業で汚れを落としていきます。洗浄しながら外壁や屋根の劣化具合、傷みの詳細な状況をしっかり確認していきます。また、手作業の部分が多い場合は、通常よりも洗浄の期間が長くなります。

汚れが酷い場合は、洗浄の期間が1日間では終わらず、2日間必要になる場合もあります。

下地処理(期間:1日間~)

下地処理の工程で手抜きがあると、いくら塗料の耐久度・塗装職人の技術が優れていても、10年と持たない塗装になってしまうほど大切な工程です。以下は、代表的な下地処理になります。

  • ひび割れ(クラック)
  • 塗膜の剥離
  • コーキング(シーリング)の劣化
  • 金属部分のサビ
  • コンクリート・モルタルの補修

ひび割れ(クラック)部分の補修で、とくに大きな問題がなければ期間は1日で終わりますが、劣化が進んでいる場合には数日かかることもあります。

外壁にクラックがある場合、そのまま上から塗料を乗せてしまうと、またそこからひび割れを起こしてしまいます。塗料の剥がれや膨れの場合も同様で、傷んでいる箇所はシーリング材や樹脂モルタルで補修します。

塗装前の養生(期間:1日間)

養生(ようじょう)の工程では、塗装面以外を保護していきます。

それでは養生とは一体何か、塗料がついてはいけない箇所をビニールシートなどで覆って保護することです。本格的に塗装作業を開始する前に、窓や玄関ドアなどの塗らない箇所を塗料が付かないように保護していきます。

養生するのは、窓などの外壁まわりだけではありません。必要に応じてエアコンの室外機や、植栽、車やバイクなどにも塗料がつかないようにしっかり保護します。

養生をすると外壁塗装の期間は、窓が開けられなくなります。窓だけでなく雨戸も閉めきった状態にする必要があるため、外壁塗装の期間は「閉めきった状態になる」ことを覚えておきましょう。

塗装作業(期間:3日間~)

いよいよ、外壁塗装工事に入ります。塗装の工程は3回塗りが基本です。したがって最低でも3日の期間をみておかなければいけません。

第1の工程:下塗り(期間:1日間〜)

はじめに下地強化材で下塗りを行います。そのあとの中塗りや上塗り塗料がしっかり壁に定着するように必要な工程です。下塗りに使う塗料の種類は、外壁の材質に合わせたものを使います。見積もりにはシーラーやフィラー、プライマーなどと記載されていることが多いです。

第2の工程:中塗り(期間:1日間〜)

下塗りが完全に乾いたら、次は中塗りです。

第3の工程:上塗り(期間:1日間〜)

そして最後に上塗り作業です。中塗りと上塗りは同じ塗料を重ねて行います。それぞれ、しっかり乾いてから重ね塗りする必要がありますので、通常の場合は工程を分けて乾燥させる期間を取る必要があります。

 

片づけと足場の解体・撤去(期間:1日間)

足場や養生の解体・撤去、産業廃棄物の片づけ・清掃を行います。前工程の点検後すぐに行える場合もありますが、念のため期間は1日みておくといいかもしれませんね。
そしてお客様と担当者で最終確認を行い、すべての作業が完了です!!!

今回ご紹介した工事の流れは天候の影響などなくすべて順調に作業が進んだ場合の日程です。
雨の日が続いてしまった、天気が悪くて塗料の乾燥に時間がかかってしまったなど理由は様々ですが工事ができない状況というのが生まれてくる可能性があるということを頭の片隅にでもいいので覚えておいてください!💫
そのことを踏まえた上でお家のメンテナスご検討してみてくださいね😁

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫