外壁塗装時の気になる塗料の臭い、その対策と解決方法

外壁塗装の臭いがご心配な方へ!!対策と解決方法をご紹介

街中で、ご自宅で、ご近所で、あるいは公園など公共の場所で、誰しも一度は経験したことのある外壁塗装や塗り替え時に漂う匂い… これらは塗料の臭いであり、外壁塗装や屋根塗装、その他の塗り替えの際には避けることができないものでした。しかし、近年では科学技術も大変な進歩を遂げ、地球と人に優しい塗料が増えてきました。以前のような強い臭いではなくなったものの、この臭いが好きという方は方はまずおられません。

外壁塗装時の臭いが心配で建物のメンテナンスを思い止まっている方、ご近所のことを考えて決断ができない方、そんな方々に向けてこのページでは対策と解決方法をご紹介していきます。

これから外壁塗装をする上で塗料の臭いが心配な方へ

外壁塗装や屋根塗装、その他の部分の塗り替えでも、その臭いが発生するのは言うまでもなく、塗料を使用する塗り替え工程です。昔に較べれば、臭いは解消されたものの、それでも心配という方は多いでしょう。
一般的に外壁塗装や屋根塗装では下塗り・中塗り・上塗りと計3工程が行われます。実はこれらの塗料を使う工程でも、工程によって臭気に差があることをご存知でしょうか。

まず下塗りはシーラーやサーフェイサー、プライマーといった下塗り材(塗料)を使い、中塗りと上塗り工程の塗料を密着させるために行われます。これらシーラーやサーフェイサー、プライマーの臭いはほぼ気になりません。常日頃、現場でお客様の声を聴く機会が多い私達も「塗り替えとなると臭いがするかもと聞いていたけど、それほどでもないね」とよく言われます(もちろん、外壁材や屋根材の種類と使われる塗料によって違いはありますが)。

外壁塗装でも、屋根塗装でも、それよりも臭いが気になるかもしれない工程は仕上げ用の塗料を塗る中塗りと上塗りの工程なのです。

塗料の臭いが気になるかもしれない工程は仕上げ用の塗料を塗る中塗り・上塗りの工程です

一般的な戸建ての建物なら塗料を使う工程は3日間

一般的な大きさの戸建て住宅の場合、下塗り・中塗り・上塗りにはそれぞれ1日ずつ割り当てられます。つまり、塗り替えにおいて臭いが気になる可能性があるかもしれない工程は中塗り・上塗りの計2日間なのです。現在ではこの2日間も、塗料の進化によって臭いなどの心配はほぼなくなりました。

塗装完了後の乾燥時も臭いはほぼ気にならないレベルです

昔のイメージだと、「外壁塗装や屋根塗装が完了した後も臭いがしばらく残るのでは?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、どうぞご安心ください。

現在の塗料は前述のように臭いも少なく、乾燥時もほぼ気になりません。臭いに敏感という方も、臭いが少ない塗料をお選びいただければ、1日程度でほぼ臭いが気にならないレベルになります。つまりは実質、臭いが気になるかもしれないのは中塗り・上塗り、その後の乾燥の各1日、計3日間なのです。もちろん、塗料の乾き具合は環境と立地、使用された塗料にも左右されますが、それ以上に渡って気にしなければならないということはありません。

同じ塗り替えるなら臭いの出る期間を短く

最短で3日以内、どうせなら気になる期間は短い方がいいし、その感じ方も少ない方がいいですよね。

工事のご依頼をいただくお客様の中にも同様に臭いを気にされる方が多くいらっしゃいます。メンテナンスとして必要だからこそ外壁塗装を行うわけですが、塗料について「臭くない塗料はありますか?」と聞かれることが多々あります。科学技術の進歩によりいくら「現在の塗料では臭いで困ることはなくなった」とはいえ、人生で何度も経験することのない外壁塗装ですから想像もつきにくく、心配が残る方も多いと思います。

そういった方は是非お打ち合わせ時に担当者にそのことをお伝えください。まずは臭いが少ない塗料を選ぶことによって、ご自身とご家族、そして近隣の方々へのご負担を圧倒的に短くするご提案をいたします。

それでは解決策の一つ目として臭いが少ない塗料とその選び方をご紹介していきます。まずは臭いの少ない塗料の選び方のコツからです。

臭いが少ない塗料を選ぶことによりご自身とご家族、近隣の方々への負担に感じる期間を少なくします

外壁塗装の臭い解決策

塗料の種類から臭いが少ないものを選ぶ