外壁塗装 屋根塗装の色選びについて

外壁や屋根の色を気分を変えるために変えたいと思うこともあるでしょう。外壁、屋根ともに定期的に塗装が必要でありその機会に色選びについて考える方もいらっしゃると思います。

ここでは外壁や屋根の塗装をする際に、色選びをする時どんなことに注意すればいいのか詳しく説明します。

イメージをつかみづらい

塗料を見た感じと、実際に塗った感じのイメージは経験がないとつかみにくいものです。また光の当たり具合などによっても色の見え方は変わってきます。

色の考え方

庭などの雰囲気や、周辺の家とのバランスなどさまざまな観点で色を選ぶのではないでしょうか。しかしちょっとした色の違いによっても、家の見え方は大きく異なってきます。

さらに光の当たり具合によっても色の見え方は変わりますし、塗料が完全に乾いた時でもまた違った色に見えることがあります。

素材によっても異なる

屋根や外壁の素材によっても、色の見え方が変わります。例えば表面に光沢があると、太陽光が当たることにより薄い色に見えます。

色見本を使って色を選ぶ場合でも、太陽光をあててみてください。電気の下で見るのと、太陽光の下で見るのとでは色の見え方が異なってきます。実際には屋根は太陽光が当たっている時間が多いため、色見本も太陽光にあたった状態の方が実際の屋根の色に近くなります。

時間によっても見え方が変わる

色は朝・昼・夜でも見え方が変わってきます。この時間によって色の見え方が異なる現象は光現色と呼ばれます。例えば実際は外壁が白である場合でも、早朝や天気が悪い日だとグレーのような白に見える時があります。また夕方の時間帯はオレンジが混ざった明るい白に見える時があります。

色サンプルを見る場合、また雑誌などで色を選ぶ場合でも常にサンプル通りの色ではないということです。

理想の壁などを撮影して業者に見せる場合は、できるだけ天気のいい日光があたった時間に撮影をするようにしてください。日が当たらないような時間帯、また天候の時に撮影をすると実際に色のイメージがつきにくいものです。

イメージを掴むために

色の雰囲気を使うためには、同じ素材を使っている家を見るのが一番です。写真や画像を探したり、雑誌などに載っている家の色で希望がある場合は業者にそれらを見せて相談してもよいでしょう。

雑誌などに記載されている写真は太陽光が当たっている部分と、日陰になっている部分の色を確認するようにしてください。日陰になっている部分の色が、天気が悪い日の見え方の参考になります。

色によっては、太陽光が当たっている部分と日陰の部分では大きく見え方が異なることがわかるでしょう。

また周辺の家の色と全く違う色を選ぶのはできるだけ避けるようにしてください。周辺の家とのある程度のバランスは大切です。そのため色のイメージを掴むために、周辺の家がどのような色を使っているのかを確認する必要があります。

屋根・外壁塗装の色選びのポイントとは

それでは屋根や外壁塗装の色選びのポイントをご説明します。実際に業者に希望の色を伝える前の準備、業者に希望の色を伝える方法などいくつかポイントがあります。

色選びをする前に

色を選ぶ前に、おおまかでよいので希望の色を考えておくことが必要です。ある程度の希望がないまま色選びをした場合、「業者に勝手に決められてしまった」といった思いが残ってしまいます。

同じ家でも色によっておおきくイメージは異なります。そのためどんな色の家に住みたいかをよく考えておくようにしてください。

正しく業者に伝える

例えば「薄い青」と業者に伝えたとしても、人によって多少の誤差は生まれます。希望を業者に伝える時に希望の家の写真や、色見本をなどを使って業者に伝えることが大切です。

しかし印刷された色と実際の家とでは色が違うので、見本を見せるだけでなく説明をすることも忘れないようにしてください。

正しく色を伝えるために

正しく色を業者に伝えるためには、ただ「白にしてください」というのではなく、見本を見せながら具体的に「このようなはっきりとした白にしてください」というように伝えるようにしてください。

ちょっとした伝え方に工夫をすることにより、「あとからイメージが違った」となることを防ぐことができます。

家にあう色を選ぶ

極端な例になりますが、緑の多い街でいきなり赤や紫などを使った家だと浮いてしまい嫌なイメージになってしまうことがあります。希望はもちろん大切ですが、まわりの外観と合わせることも大切です。

きれいな色を選ぶことは大切ですが、色の使い方によっては単に悪趣味に見えてしまいます。お洒落な外見にしようと思っても、ある程度街並みに合わせることも大切です。

面積効果

実は同じ色を使っても、面積によって見え方が異なります。明るい色は面積が広い方が明るく、暗い色は面積が広い方が暗く見えます。このように面積によっても色の見え方は変わってきます。

屋根や外壁によく選ばれる色

それでは実際にどのような色が、屋根や外壁に選ばれているのでしょうか。

屋根の色と外壁の色のバランス

屋根の色を選ぶ時、外壁の色とのバランスも大切になります。外壁で多く使われるのがグレーや薄い茶色であることから、屋根は黒や濃いグレーまたは濃い茶色が多いです。

また屋根と外壁のバランスが大切なのはいうまでもないですが、ドアやサッシなどとの相性も大切です。折角外壁と屋根のバランスはいいのに、ドアだけういているなどということがないように工夫したいものです。

屋根と外壁を同系色に

また外壁と屋根を同系色でまとめることも大切です。たとえば外壁が薄い茶色であれば、屋根は濃い茶色にするといった形です。また屋根の方が外壁より濃い色を選ぶことも一般的です。こうすることによって、家全体的に引き締まって見えます。

また屋根や外壁だけでなく、ドアやサッシなどにも気を配るようにしてください。

汚れが目立ちにくい色

屋根が汚れていると、どうしても家全体が汚れて見えてしまいます。そうはいってもなかなか掃除できる場所ではないので、できるだけ汚れにくい色を選ぶことも重要です。

また外壁もそうなのですが、色褪せてもそんなに目立たない色を選ぶことも大切です。家が全般的に暗い色を使うことが多いのはそのためです。しかし暗すぎる色も逆に汚れが目立ちやすくなります。

そのため明るい色と暗い色の中間色がおすすめです。アイボリーやグレーといった中間色は多少色褪せても汚れはめだちづらいものです。折角きれいな色にしたのに、天候が悪い日、大雨の跡などに汚れが目立つような色はさけるようにしてください。

まとめ

外壁や屋根の色によって、大きく家のイメージは異なってきます。そのため色は慎重に選ぶことが大切です。希望を業者に詳しく伝えることは大切ですが、それだけでなく屋根、外壁、ドア、サッシなどの色とのバランスが大切です。

また天候や時間によっても、色の見え方は異なってきますので注意が必要です。前もって理想の色の建物や画像などを持って業者に見せるようにしてください。

また業者に色の説明をする時は、「白」「グレー」などのあいまいな言い方でなく、「濃い白」などとできるだけ詳しく伝えることも大切です。外壁や屋根の色によって家にイメージは大きく異なるため、塗装が終わったあとに後悔のないようにしてください。

後悔をしないためにも、よく業者と話し合いをすることが大切です。