屋根に藻や苔があったらどうなる?建物への影響や対策を徹底解説

屋根に藻や苔が生えて気になるという人も多いのではないでしょうか?

実は、屋根に生える藻や苔などを放置すると建物にとってあまりよい影響を与えません。

またこれらは自然界に多く存在することから環境によっては生育しやすく、それが住宅の屋根であっても同様です。

したがって、屋根に生えてしまった藻や苔は、できるだけ早く除去するなど適切な対処をとる必要があるでしょう。

今回は、屋根の藻や苔が生える原因とそれらを放置するとどのような悪影響があるのか、そしてその対策について、くわしく解説したいと思います。

屋根に藻や苔が生える原因とは?

屋根に藻や苔が生えるのは理由があります。

藻や苔が生えている住宅の屋根というのは、これらが生育しやすい環境にあることが大きな理由です。

藻や苔はいずれも植物で、その胞子が風や雨で運ばれて住宅の屋根などに付着します。

そしてその場所が藻や苔にとって都合のよい環境にある場合に生育するようになります。

藻や苔にとって都合のよい環境とは、おもに以下の2点です。

  • 水分があること
  • 適度に日光が当たること

通常、屋根材は雨がふっても防水機能が働き流れてしまうため、雨が上がると乾燥して水分がある状態にはなりません。

ところが屋根の塗装が経年劣化によって防水機能を損ねると、徐々に水分を含むようになります。

そこに胞子が飛んできて付着すると生育するわけですが、とくに日光がそれほど多く当たらない北側の屋根などに生えやすいことが特徴です。

また藻や苔が生育しやすくなるのは周辺環境にも関係しています。

例えば近くに山があったり、あるいは池や川などの水場があったりするような環境にある場合です。

以上のことをまとめると、屋根に藻や苔が生える原因は以下のことが考えられます。

  1. 日光が少ししか当たらない環境にある
  2. 常に湿気を含んでいる(屋根材の劣化で吸水する)
  3. そこに藻や苔の胞子が飛んできて繁殖する

これら原因のなかで、環境を変えることは難しいですが、屋根の劣化については唯一コントロールが可能です。

つまり劣化をいかに抑えるかがカギになるといえるでしょう。

屋根に藻や苔が生えるとどうなる?

屋根に藻や苔が生えることで起こる影響について、いくつかご紹介したいと思います。

美観を損ねる

まずは、屋根に藻や苔が生えることで美観を損ねます。

見た目にも古ぼけた印象を与えてしまうでしょう。

雨漏り

藻や苔は、常に水分を含んだ状態にあるため劣化は加速します。

劣化が加速すると、建物内へと徐々に水分を侵入させ、やがて雨漏りへとつながることがあります。

建物寿命の短縮

屋根材の劣化によって水分を建物内に侵入させる過程で、柱や梁など重要な構造部が濡れてしまうことがあります。

木材が含水することは腐朽菌が繁殖する大きな原因になり、また腐朽が進むと耐久性を著しく低下させます。

そのことは、地震の揺れに耐えられなくなる可能性があることから、家族の安全を脅かすことにもつながるでしょう。

 健康被害

藻や苔が繁殖すると、多くの胞子が室内に飛んでくることが考えられます。

人によっては、胞子を吸い込んでアレルギー疾患などの健康被害を引き起こすこともあるでしょう。

屋根に生える藻や苔の対策とは

屋根の生えた藻や苔の対策とは、まず「洗浄」が挙げられます。

高圧洗浄をすることで、ほとんどの藻や苔を除去できます。

また藻や苔が根を張って繁殖している場合や、再発を防止したい場合などは、特殊な洗浄液を使って行う「バイオ洗浄」も効果的です。

ただし、屋根を「洗浄」すると塗膜を傷めることにもつながるため、その後は塗装することが一般的です。

藻や苔が生えやすい環境にある場合は、防水機能を長く発揮できるフッ素塗料や無機塗料が適しています。

さらに防藻、防カビや遮熱などの機能を付加させることも効果を発揮するでしょう。

まとめ

屋根に藻や苔が生えると、見た目に悪いだけでなく建物にとって重要な機能も損ねてしまう原因になります。

放置するよりもできるだけ早く除去し、生えにくい塗料を採用するなど再発防止を図るとよいでしょう。

屋根塗装に関するご相談は、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。