屋根をチェック!

屋根の種類について

はじめに、屋根材(瓦)の種類は大きく分けて4種類あります。

それぞれの特徴をまとまていきます。

①瓦(三州瓦)

 

皆様が瓦と聞いてイメージする屋根瓦はこの三州瓦といわれるものです。

瓦の三大産地 | 三州瓦・石州瓦・淡路瓦の違いと特徴 – テイガク屋根修理

 

一般的には瓦と呼ばれていますが正式には粘土瓦といい、

粘土を強く固めて乾かした後に、約1,100℃の窯で焼き上げる事で

強度が強く、色が褪せにくい瓦が出来ます。

 

 

②セメント瓦・モ二エル瓦

見た目が上記の粘土瓦に似た商品もたくさんあります。

それがセメント瓦・モニエル瓦と呼ばれる瓦で、

見た目は非常に粘土瓦に似ているのですが、

材料が粘土ではなく、石灰岩と水とセメントをベースに作られています。

瓦の種類と見分け方

③ストレート瓦(カラーベースト・アスファルトシングル)

スレート瓦は近年では多くの住宅に用いられるようになっています。

セメントを主に硬く固めた素材で薄くて軽くて、色も多く選択できるので

サイディングボードのお家に多く使用されている屋根材料です。

スレート屋根ってどんな屋根なの? - くらしのマーケットマガジン

 

④金属の屋根(瓦棒・折半)

昔で言うトタン屋根や瓦棒屋根のことで、

近年ではよくガルバリウム鋼板が使用されている屋根です。金属屋根工事 | 株式会社柿沼板金所

アルミニウムと亜鉛で形成された素材で薄くて軽くて、色も選択できるので

洋風なお家にも和風なお家にも使用される万能な屋根材料です。

まとめ

どんな屋根材でもメンテナンスを怠ると、補修する費用が高くなったり、

塗装でのメンテナンスが不可能になってしまうので、早期対応・早めのチェックがポイントです。

屋根塗装に関するご相談は、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。