弱溶剤塗料とは❔

目次

こんにちは😆

高崎支店です🐷

今回は「弱溶剤塗料」についてお話します🫡

 


まず塗料は水性油性(溶剤)に分かれます🏡

油性の中でも更に《強溶剤》《弱溶剤》分類できます❕

油性塗料はシンナー溶剤で薄める→《溶剤塗料

水性塗料は水を使って薄める→《水性塗料

水性油性の違いは塗料を薄める材料で決まります🙋‍♀️

 


弱溶剤塗料は何で薄めた塗料なのか・・・

弱溶剤塗料は弱いシンナーを使用して薄めた油性塗料の事です❕

 

弱溶剤塗料の特徴

においが弱い
においの感じ方は人それぞれですが溶剤系の中では弱い方です🫡

乾燥時間は普通
特別、乾燥時間が遅い早いということはありません🙋‍♀️

溶かす力は弱い
溶解力が弱い為、塗装をして乾くまでの間に下地を溶かしてしまう事が少ないです😆

 


弱溶剤塗料は外壁屋根塗装で特に耐久性や機能性を持たせたいときに使用しましょう🙌

全体的に水性塗料よりも強い塗膜を作ることができることと

臭いも強溶剤よりかなり弱くて安全性も高い為、戸建住宅の塗装でも安心して使うことができます🌸

 

 

いかがだったでしょうか❔
今回は「弱溶剤塗料」についてお話しました❕
種類やグレードの違いで沢山の種類の塗料がありますので
外壁や屋根の塗装を考えていらっしゃる方は、ぜひユウキホームへご相談ください🌷

 

シェアする!