木部を塗装する前に!知っておきたい「木部塗装」の基礎知識とは?

 

木部の塗装を成功させるには、木部塗装の知識が必要です。今回の記事では、木部の塗装で気を付けることや塗装の流れなど、木部の塗装に必要な基礎的な知識をご紹介していきます。

木部の塗装にチャレンジしたいという方や、木部塗装について知りたいという方はぜひご一読ください。

塗装の前に!木部についての基礎知識

木材塗料は造膜と浸透タイプの2種類 | 外壁塗装や塗り替えなら市川塗装|沼津市、三島市、御殿場市、裾野市
木部を塗装するには、木部塗装に関する基礎知識が必要です。

ここでは、木部塗装に必要な基礎的な知識をご紹介していきます。

木材には調湿機能がある

木材には、コンクリートや金属が素材の建材とは異なり調湿機能があります。なお、調湿機能とは湿気を吸い取ったり、湿気を放出したりして材木内部の水分を調節する機能のことです。

木材を建材として使用すると、湿度が高いときは室内の湿気を吸収し、少ないときは放出して、室内の湿度を快適な状態に近づけることができます。

木部の塗装の必要性

木部は水分を含むと劣化しやすいという特徴があります。そのため、木材の劣化を防ぐために防水機能のある塗料で塗装をする必要があるのです。

塗装をしない状態だと、木材が水分を吸い込んでカビが生えたり、割れやすくなったりします。木材の内部にまで水が浸透すると、内部の建材まで劣化が進むので注意が必要です。

外装の木部を塗装する場合は、より強度の高い塗装が必要になります。目的に合ったタイプの塗料で、木部を塗装して建材を守りましょう。

木部塗装は難易度が高い

ローラー 刷毛

先にもお伝えしたように、木部は水分を吸収する性質があります。そのため、一般的な外壁や内壁よりも塗装が難しく、塗装を成功させるには一定の経験や技術が必要です。

塗装をする前の下処理も、他の素材に比べると手間がかかることが多くあります。また、下処理が大変だからと適当に行うと、塗膜がきれいにできずに施工不良を起こす可能性が高くなるため注意が必要です。

木部の塗装はDIYでも行うことはできますが、木部の塗装に慣れていない場合は施工不良を起こすこともしばしばです。木部の塗装の経験が少ない場合は、最初から業者に依頼した方が確実でしょう。

木部は塗膜が劣化しやすい

コンクリートや金属と異なり、木材は有機物で伸縮しやすいという性質があります。そのため表面の塗膜も同時に引っ張られたり伸縮したりして、劣化が進みやすいという面もあります。

気候の変動で塗膜が伸び縮みするので、塗装に使う塗料は伸縮性のあるものの方が長持ちします。外装の場合は特に劣化しやすいので、ウレタンなどの伸縮性の高い塗料を使うと良いでしょう。

また木目の塗装を活かすことができる透明タイプは、劣化が早まります。耐久性の方を重視したい場合は透明ではないタイプの塗料の方がおすすめです。

木部の塗装パターン

木部の塗装には、どのような塗装のパターンがあるのでしょうか。

ここでは、主な塗装のパターンをご紹介していきます。

木目を活かす塗装

木部を塗装するときに多いパターンが、木目を活かす塗装です。塗料は浸透性塗料を使用します。浸透性塗料とは、木材に浸透する透明な塗料で、木目をそのまま見えるような塗膜が作られます。

木材の質感をそのままにしておけますが、耐久性が低いというデメリットもあります。外装の塗装で高い耐久性が必要な場合は、使用に向かないことも多いでしょう。

木目を消す塗装

塗装
木目を活かす塗装とは逆の、木目を消す塗装方法もあります。木目を消す塗装方法は、模造型塗装といいます。

木材の表面を塗料で塗りつぶしてしまう塗装方法です。木材の質感や木目は失われますが、耐久性は浸透性塗料よりも高くなります。

雨風にさらされる部位の塗装は、浸透タイプよりも木目を消す方の塗料の方がおすすめです。

まとめると…
  • 透明タイプの塗料を使って木目を活かすパターン
  • 透明ではない塗料で木目を覆って消してしまうパターン

木部の塗装の流れ

木材塗装はどのような流れで行われるのでしょうか。

ここでは、木材塗装の主な工程についてお伝えしていきます。

下地処理

外壁仕上げの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

まず塗装の前に、木部に塗装しやすいように下地処理をしていきます。パテや木材用のペーパーでケレンを行い、下地を整えます。

下地をきれいに処理しないと、整えていない場所から塗膜が劣化していくので下処理を念入りに行うことが大切です。

下塗り

 

木材を塗装する前に、木材の吸水性を抑えるための塗料を塗ります。吸水性を抑える塗料を塗ることで、塗膜の耐久性も高くなり塗装が長持ちします。

仕上げ塗り

次に、最終的な見た目となる塗料を塗っていきます。同じ塗料を2回塗って、耐久性を高めていきます。

重ね塗りをするときは、塗料を乾燥させてから塗ります。また古い塗膜に重ね塗りをするときは、同じタイプの塗料を重ね塗りします。

 

木部塗装におすすめの塗料

木部塗装にはどのような塗料を使うと良いのでしょうか。

ここでは、木部塗装におすすめの塗料をいくつかご紹介していきます。

キシラデコール/日本エンバイロケミカルズ

日本エンバイロケミカルズのキシラデコールは、ムラになりにくい塗料なのでおすすめです。

多くの現場で採用されており、防カビや防腐、防虫効果もある塗料です。木材の見た目を活かしつつ、防カビなどの機能を持たせたいときにおすすめの塗料となっています。

スーパーウッドステイン/吉田製油所

吉田製油所のスーパーウッドステインは、作業性が高いというメリットがあります。

造膜タイプの塗料で、防虫防カビ効果のほか撥水効果などもあります。カラーも数色提供されており、イメージに合わせて色を選ぶことができます。

ステンプルーフ/コシイプレザービング

塗料 白
コシイプレザービングのステンプルーフは、水をはじく撥水性がある塗料です。

浸透タイプの塗料で、元の木目を活かすことができる塗料です。透明タイプではあるものの、複数のカラーが提供されておりイメージに合ったカラーで塗装できます。

バトン/大谷塗料

大谷塗料のバトンは、あらゆる木材に対応した自然系塗料です。

浸透タイプの塗料で木目の美しさを活かすことができます。塗りむらができにくく、塗装作業が簡単です。

天然素材で作られた塗料なので、人や環境に優しく作業しているときの悪臭も少なくできます。

 

木部塗装についての注意点

木部を塗装するときには、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

ここでは、木部塗装で注意すべきポイントをお伝えしていきます。

下地処理はしっかり行う

木部はコンクリートや金属といった材質の建材に比べると、劣化しやすいという特徴があります。そのため、塗装前の下地処理は徹底して行うことが大切です。

下地の処理が不十分な場合、塗装をしてもすぐに塗膜が剥がれてしまうこともあります。木材はコンクリートや金属の素材とは異なり、有機物なので形や性質も様々です。

それぞれの木材の性質や木材の状態を見極めながら作業を行う必要があるので、下処理にも一定の技術が要求されます。

前回と同じ系統の塗料を塗る

塗装
木部の塗装を塗り直す場合は、前回の塗料と同じ系統(油性なら油性、水性なら水性)を使うことが大切です。例えば油性塗料が塗ってある木部に、水性の塗料を重ねて塗装してもなじまない場合があります。

浸透タイプの塗料であれば、同じ系統の塗料で重ね塗りするときにそれほど手間はかかりません。しかし、造膜タイプの塗料で再塗装する場合は、既存の塗膜をきれいに剥がしてから再塗装する必要があるので、作業に手間がかかります。

重ね塗りをするときには、塗料のタイプによっても作業手順が異なるので塗料のタイプがよくわからない場合は信頼できる業者に作業を依頼した方が確実です。

ケレンは徹底する

下地処理の段階で木部にペーパーをかける作業をケレン作業といいます。このケレン作業をしっかり行わないと、塗装の密着度が低下してしてしまう可能性があります。

下地処理の際に行うケレン作業はしっかり行うことが大切です。木材は有機物なので、コンクリートや金属など他の素材に比べて自由度が高い形状をしています。

また伸縮することで割れやヒビなども入りやすく、メンテナンスの難易度が高い素材です。これらの性質を考慮しながら下地を整える必要があるので、ケレン作業も一定の技術が必要とされます。

 

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽にユウキホームにご連絡くださいませ。