梅雨時期に多い雨樋故障!起こるとこわい影響とその対策を解説

梅雨の時期になると、雨樋の故障が多いことはご存知でしょうか?

雨樋は、屋根から流れる雨水を集め、適正なルートで排水する重要な役割があります。

しかし雨樋が故障すると、雨水が正常に流れていかなくなり、建物の耐久性低下や近隣トラブルなどさまざまな問題を発生させる原因になるのです。

したがって梅雨時期に雨樋が故障することがないよう、対策をとっておく必要があるでしょう。

今回は、梅雨の時期になぜ雨樋の故障が多いのか、そして雨樋の故障が及ぼす影響や効果的な対策について解説したいと思います。

梅雨の時期に雨樋が故障するのはなぜ?

梅雨の時期に雨樋が故障しやすい傾向にあるのは、いくつかの原因が考えられます。

その原因とは以下の通りです。

  • 詰まり
  • 劣化

詰まり

梅雨時期には多くの雨水が雨樋に流れてきますが、同時に多くのものを運びます。

木の葉や土砂、あるいは鳥が運んできた餌やゴミなど、さまざまなものが雨樋に流れてくることがあります。

梅雨以前に堆積していたものも多くありますが、それらが詰まると排水不全を起こすだけでなく重みでゆがんだり、さらには脱落したりするケースもあるのです。

劣化

雨樋の劣化が進行している場合、梅雨の激しい雨がきっかけとなって表面化することがあります。

雨樋は、常に紫外線や熱の影響を受けているため、とくに劣化しやすい部位のひとつです。

劣化によって強度が低下しているところに大量の雨水が流れ込んでくることで、ジョイントが外れるなど不具合を発生させることも珍しくありません。

雨樋が故障するとどうなる?

雨樋が故障すると起こる悪い影響とは、おもに以下の通りです。

  • 雨漏り
  • 耐久性の低下
  • 劣化の促進
  • 近隣トラブル

雨漏り

雨樋の故障が起こると適正なルートでは排水されなくなり、大量の雨水が外壁などへも流れるようになります。

外壁のひび割れやシーリングの切れなどから雨水が侵入し、建物内部まで到達すると雨漏りを起こします。

耐久性の低下

雨水が建物内部に侵入し、柱や土台など重要構造を濡らして腐ると耐久性は著しく低下します。

耐久性の低下は、大規模な地震の発生時には家族の安全を脅かすことにもなりかねません。

劣化の促進

雨水が地面に打ち付けられることで泥はねが起こったり、あるいは直接外壁を流れて雨だれをつくるなど汚れを付着させたりすることがあります。

汚れによっては外壁塗料と化学反応を起こすものもあり、劣化を促進させる原因にもなります。

近隣トラブル

雨が地面に打ち付ける音や泥はねによって、近隣へ迷惑をかける場合があり、ときにはトラブルに発展することもあります。

近隣と良好な関係を続けるためにも、故障して対応するより故障しないよう対策をしておくことが重要といえるでしょう。

雨樋の故障対策とは?

雨樋の故障が起こった場合は、故障の原因を解明しいち早くその原因を除去することが必要になります。

詰まりの除去や、破損がある場合は状況に応じて部分交換、あるいは全部交換などが必要になるでしょう。

そして、故障が起こらないようあらかじめ対策を講じておくことも有効です。

効果的な雨樋の故障対策について、その方法をご紹介したいと思います。

おもな故障対策とは以下の通りです。

  • 落ち葉よけネットの設置
  • 塗装

 落ち葉よけネットの設置

雨樋に落ち葉やゴミなどが堆積して詰まらないよう「落ち葉よけネット」を設置しておくと効果的です。

個人でも設置は可能ですが、高所作業で危険がともなうためプロの業者に依頼するようにしましょう。

塗装

雨樋の劣化対策には塗装が効果的です。

雨樋は、非常に過酷な環境にあることから、できるだけ高性能な塗装をすることで劣化を抑制できます。

コスト削減を考慮するうえでも、外壁や屋根などのメンテナンスと同時に実施するとよいでしょう。

まとめ

雨樋は、梅雨時期になると故障が多くなるだけでなく、さまざまなリスクをはらんでいるため注意が必要です。

できるだけ故障しないよう事前に対策をしておくことが重要ですが、もし故障が発生した場合は、悪い影響が拡大しないよう速やかにプロの業者に修理を依頼しましょう。

雨樋や外壁塗装に関するご相談は、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。