棟板金補修と屋根塗装で雨漏りや飛散トラブルを起こさない屋根に仕上げましょう

雨漏り!!棟板金飛散!!棟板金補修と屋根塗装で雨漏りや飛散トラブルを防ぐ!

お住まいのメンテナンスとして多くのお客様が気にされているのは、外壁よりもご自身でなかなか確認が難しい屋根という方は多いのではないでしょうか?状況がわからないからこそ塗装を行うにも信用できる、屋根に精通した業者に頼みたいですよね?屋根塗装を行う際は屋根材の経年劣化だけでなく、役物(やくもの)と呼ばれる特定の位置に取り付けられる専用部材が今後も問題なく使用できるかをチェックすることも非常に重要です。役物はケラバ(妻側の端)や軒先にも取り付けられているのですが、今回は最も補修のご相談をいただく【棟板金(むねばんきん)】がどこに設置されておりどのような役割を果たしているのか、補修方法についてご紹介したいと思います。屋根塗装工事と同時に行う事で屋根のトラブルを減らすことが出来ます。しかし誤った棟板金メンテナンスを行ってしまうと却って雨漏りを引き起こす原因にもなりかねません。屋根材にあわせて棟板金の状態もしっかりチェックした上で最適な補修工事を行いましょう。

棟板金は風の影響を最も受けやすい屋根の頂部に取り付けられています

「棟板金」と耳にしてどこだろう?と感じる方も、一度指摘を受けた、補修を行ったことがあるから分かるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?私達はお客様から「屋根から板金が落ちてきた」「屋根板金が浮いていると指摘を受けた」とご相談をいただく事が多いです。この説明で分かるかな?と不安げに話される方も多いのですが実は、棟板金ではないか?と想像することが多い程補修に関するお問い合わせが多い部位になります。

まず棟板金とは屋根の頂点で尖っている部分(棟)に取り付けられている板金を指します。切妻は頂点が1箇所しかありませんが、寄棟の場合は中心部に1箇所と四隅に伸びている棟板金がありますよね?棟違い屋根などの複雑な屋根形状は更に棟板金が設置されている箇所が多くなるため、屋根によって箇所数も長さも違います。

また寄棟を例にすると頂上にあるものが「主棟(大棟)」、四隅に伸びているものを「隅棟(下り棟)」と呼ばれますが、近年は複雑な屋根形状がとても多いので悩むケースも多いです。ちなみにスレート屋根材と金属屋根材に取り付けられていますが、瓦の場合はのし瓦や冠瓦で棟を形成しますので棟板金がありません。

この頂点に取り付けられている棟板金の役割はズバリ頂部の保護です。尖った場所は平らで硬い屋根材で保護できませんよね?その為、屋根の傾斜(勾配)・形状に合わせて板金を加工して雨水の浸入を防いでいるのです。

棟板金が飛散することでお住まい以外にも被害を及ぼす恐れがあります

屋根頂部の保護という大事な役割を担っている棟板金ですが、頂部だからこそ風の影響を受けやすく被害が出やすい部位でもあります。

・台風で板金部分がよじれてしまった

・強風で棟板金が剥がれてしまった

もし強風に煽られ外れてしまった場合どのような悪影響を及ぼしてしまうのかをご紹介します。今後起こり得るリスクを把握し定期的な棟板金のメンテナンスを心がけましょう。

棟板金が外れたことによる騒音被害

スレート屋根材と金属屋根材に欠かせない棟板金ですが、数年強風に煽られ続けることで棟板金を固定している釘が抜けてしまい、棟板金の浮きや外れを起こしてしまいます。

恐らくこの時点で飛込み業者や近くで工事をしていた業者から指摘を受けた事のある方もいらっしゃると思います。棟板金の釘が抜けてしまうと少しの風でもバタバタと揺れ、室内にいても危険を感じる程の騒音を発生させてしまいます。もしこの段階で飛込み業者が補修を提案されれば正に救いの手!すぐに棟板金補修工事を依頼したいとは思いますが、正しい補修工事をしてもらえるのか、適正価格なのか、火災保険の申請に関しての知識があるのかをしっかり確認してから依頼しましょう。

棟板金飛散による近隣トラブル・雨漏り

棟板金を固定している釘が半数以上も抜けてしまえば強風で外れ落下してしまう可能性も高くなります。棟板金が何事もなく敷地内に落下すれば不幸中の幸いです。しかし隣家にぶつかり窓が割れてしまった、歩行者にぶつかってしまったとなれば今後の近隣関係にも関わる大きなトラブルに発展しかねません。

また棟板金の破損は周囲に対する被害だけではありません。最も風雨に晒される頂部が露出してしまうことで雨漏りが発生してしまう事もあります。必ずしも雨漏りが起きるということではありませんが、防水紙に開いた釘穴から雨水が入り込むリスクが高まりますので、棟板金補修までの養生を速やかに行っておきましょう。

経年劣化別!!棟板金メンテナンス

では棟板金が破損してしまう前に強風に耐えられる状態を維持するにはどのようなメンテナンスを行えば良いのか、もし棟板金が飛散してしまった場合にどのような補修工事を行うべきかを状態別にご紹介します。

①棟板金のビス増し打ち補修

棟板金は新築時に釘で留められるケースがほとんどで、築年数が経過する程に浮きや抜けが生じてしまいます。築10~15年程で棟板金の不具合が起こりやすいのですが風が強い地域、立地によっては築5~7年で飛散してしまったというケースも存在します。このような棟板金の外れを防ぐ為には固定をしっかりさせておくことです。

②棟板金塗装

過酷な環境下に晒されている棟板金には、耐久性に優れたガルバリウム(GL)鋼板が使用されているケースが多いかと思います(沿岸地域はステンレスの場合もありますね)。それでもいつしか皮膜が劣化し錆が発生させてしまいます。

錆は進行してしまうと鋼板を腐食させ、耐久性を衰えさせるだけでなく穴を開けてしまいますので、定期的に塗装で塗膜保護を行う必要があります。

屋根塗装でまとめて塗り替えますので深く説明を受けた事は無いかと思いますが、金属製素材はセメント系の屋根材よりも密着性が悪く塗膜が剥がれてしまう恐れがあります。その為、高圧洗浄後にペーパー掛けで細かな傷を付け(目粗し)、錆止め塗料で空気や水の接触を遮断させたうえで屋根と同じ色で塗装し仕上げていきます。細かな下地処理ですが、長く綺麗な状態で劣化を防ぐには欠かせない大事な作業です。

棟板金交換工事

ビスを打ち込んだのに固定されている気がしないという場合は、棟板金の下地である貫板(ぬきいた)が腐食している可能性があります。貫板には吸水で劣化する木材が使用されている事が多いのですが、棟板金でしっかり覆われている為10年前後は問題なく使用出来ます。しかし少しでも棟板金が浮いていれば雨水が吹き込み劣化を促進させ最悪の場合、棟板金の飛散を引き起こしてしまいます。また実際に飛散してしまった場合、被害を受けた棟板金は大きく変形してしまいますので再利用が出来ません。

絶対に行ってはいけない棟板金補修の誤った施工方法

上記でご紹介した棟板金補修・交換工事は難しい工事ではありません。それでも補修後に雨漏りが発生してしまったというお客様からご相談をいただくことがございます。

棟板金交換工事を行う際には決して行ってはいけない施工方法がありますので、補修前の説明と補修後の写真等でご確認いただけますようこのページでご紹介いたします。

1. 脳天打ち

棟板金は貫板に釘やビスを打ち込むことで固定されています。ではどのように固定しても良いのではないか?と思いますよね?しかし恐らくこれが原因で、雨漏りを起こしてしまったお住まいが多いのではないかと思います。本来は棟板金の細い側面から釘やビスを打ち込み固定をします。棟板金に対し垂直に、つまり真上から打ち込んだ方がより強く確実に固定できると思われがちですが、釘等で開いてしまった穴が真上に出来てしまいます。これは【脳天打ち】と呼ばれる施工方法なのですが、自ら開けた穴から雨水が入り込み雨漏りを起こしてしまいますので、ご自身で応急措置をされる際にもお気を付け下さい。

2. 棟板金継ぎ目のシーリング不良

屋根は雨水に晒され続ける為塞がなければならない場所が必ず存在します。棟板金は屋根の傾斜(勾配)を考慮した上で、雨水が浸入する重なりが出来ないよう軒先から取り付けていきます。しかし他方の棟同士の継ぎ目はどうしても隙間が出来てしまう為、必ずシーリング材で埋めてあげなければなりません。しかしシーリング材自体はそれほど耐久性に優れていないため、定期的なシーリング補修と塗装による塗膜保護を行わなければなりません。

3. 棟板金と屋根材隙間のシーリング打設

 前述した通り雨水が入り込まないよう塞がなければならない場所はありますが、全てを完全に塞ごうとしてはいけないのです。タスペーサーが毛細管現象による雨漏りを防ぐ為に、スレート屋根材の塗装時に欠かせない部材だということはご存知ですか?これは万が一屋根材の内部に雨水が入り込んでしまったとしても、出口を設けておけば雨水は排出されるのです。これは棟板金にも言えることですが、屋根材と棟板金の間をシーリング材で塞いでしまうと毛細管現象や貫板の腐食が起こり雨漏りを引き起こしてしまいます。屋根の特徴を知らなければやりかねない施工方法ですので、施工実績の多い業者に工事を依頼しましょう。

 

強風で破損してしまった棟板金には火災保険が適用出来ます

常日頃から行っているメンテナンスで棟板金の不具合に気が付き補修を行える事が最も良いのですが、猛烈な台風や突風等で一気に飛散してしまうトラブルが多いのが棟板金です。このような緊急性の高い棟板金の補修時にぜひ利用していただきたいのは火災保険です。

火災保険は地震以外の自然災害によってお住まいに被害が生じた際に適用されますので、風で飛散してしまった棟板金の原状回復も申請が可能ですし、過去に雨樋や外壁の修理等に使用していたとしても再申請が出来ます。

また何度利用しても保険料が増えることはありませんのでご安心ください。棟板金の修理を行うにあたって足場が必要な場合は仮設費用も申請できますので、この機会に塗装や葺き替え・屋根カバー工法、換気棟の設置を行いリフォーム費用の節約を図りましょう。

 一つ注意していただきたい事として、もし棟板金飛散による雨漏りが発生してしまったとしても、誤った施工がされていると火災保険が適用されないケースがありますので施工方法はしっかり確認しておきましょう。

換気棟は小屋裏の暑さや結露の発生を防ぎ、快適な室内を実現できる画期的な部材です。しかし換気棟の設置を行う際には周囲の棟板金を一度取り外す必要がありますので、棟板金の補修や交換をご検討中の方はあわせて検討していきましょう。

屋根塗装の機会に棟板金の状態を確認しましょう

棟板金は屋根からの雨漏りを防ぐ大事な部位ではありますが、棟板金の重要性をしっかり把握できていないと棟板金が浮いているのか、釘が抜けてしまっているのかを確認されず見落とされてしまいがちな傾向にあります。

実際に私たちが屋根調査を行った際に、棟板金の釘が抜けかかっている状態のまま塗装をされているお住まいをよく拝見します。中には棟板金が浮いている状態にもかかわらずビスが打ち込まれている等、意味をなさない補修がされているお住まいも存在します。このような状態ではいつ棟板金が飛散し、補修を余儀なくされるかも分からず大変危険です。

・棟板金の釘が抜けかかっている状態
・棟板金が浮いている状態