油性塗料と水性塗料の違い

こんにちは!ユウキホーム本庄支店です!

本日は、【油性塗料と水性塗料の違い】について、お話ししていきたいと思います😁

 

油性塗料と水性塗料の違い

○油性塗料

塗料は使用する際、塗りやすくするため水やシンナーで薄めてから使用します。その時にシンナーで薄める種類のものを油性塗料といいます。
 
加えて油性塗料には、「強溶剤塗料」と「弱溶剤塗料」の2種類があり、強溶剤塗料はラッカーシンナーなどの溶解力の強いものを使用し、弱溶剤塗料はシンナーの中でも刺激の少ない塗料用シンナーを使用します。

メリット

強溶剤塗料

塗料の密着性が高く、耐久性や耐候性に優れています。また、塗料の渇きも比較的早く、仕上がりは光沢感のある見た目になります。

弱溶剤塗料
油性塗料ではよく使われていて、密着性や耐久性に優れています。見た目は艶がきれいに出るのが特徴で、強溶剤より臭いが少ないのもメリットです。
デメリット
強溶剤塗料
取り扱いが難しく臭いもとても強いため、塗り替えには向いていません。現在はほとんど使用されていません。塗料の種類も他のものに比べて少なく、価格も高めです。
 
弱溶剤塗料
 
 強溶剤より臭いは少ないですが、水性塗料に比べると臭いが気になることがあります。また、塗料の乾きが遅く、飛散力もあるため、周囲に配慮して塗装する必要があります。
○水性塗料
水性塗料は、塗料を薄める際に水を使用する塗料を言います。シンナーを使わないので油性塗料と比べ、臭いや環境への影響が少ないのが特徴です。
メリット
 
油性塗料に比べて臭いが少なく、環境や健康への影響が少ないのが特徴です。水を使用するので塗料の使い勝手もよく、安全性も高いため保管がしやすいメリットもあります。
 
デメリット
鉄や金属など水性塗料を使用できない下地があり、さらに気温が低いと塗装ができない場合があります。また、艶が落ちやすく、耐久性も油性塗料に比べて劣る傾向にあります。
以上、【油性塗料と水性塗料の違い】のお話しでした😆
では、また次回のブログで👋

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫