漆喰塗装とは🤔

 

目次

こんにちは! 郡山支店です🎀
今回は、漆喰塗装とはについてお話していこうと思います!!!😊

漆喰塗装とは🤔

漆喰とは、消石灰(水酸化カルシウム)を主成分とする建築材料で、壁や天井などの仕上げに使われます。
消石灰は、石灰石を1000度以上の高温で焼いて水を加えて作られます。
石灰石は、サンゴ礁が長い期間をかけて堆積した自然由来の素材です。
漆喰は、この消石灰に、つなぎとなる糊やすさ、スサなどを加えて作られます。

漆喰塗装の特徴✨

調湿性:漆喰は、空気中の湿気を吸収したり放出したりする性質があります。
そのため、湿度が高い夏は湿気を吸収して室内の湿度を下げ、湿度が低い冬は湿気を放出して室内の湿度を上げることで、室内の湿度を一定に保つことができます。これにより、カビやダニの発生を抑えたり、
健康的な室内環境を保ったりすることができます。
防火性:漆喰は、不燃材料として建築基準法で認められています。そのため、防火性に優れています。火が燃えると、漆喰は炭酸カルシウムに戻り、火を消火する働きがあります。また、漆喰は高温にも耐え
ることができるため、火災時にも延焼を防ぐことができます。
耐久性:漆喰は、耐久性に優れています。漆喰は、空気中の二酸化炭素を吸収して炭酸カルシウムに戻る化学反応によって硬化するため、長い年月をかけて徐々に強度を増していきます。
そのため、リフォームやリノベーションの際にも、漆喰の壁や床をそのまま残すことができます。
美観性:漆喰は、美観性に優れています。漆喰は、塗り肌の凹凸や光沢によって、豊かな表情を表現することができます。
そのため、住宅の内装に高級感や温かみを与えることができます。また、色や模様も自由に変えることができるため、デザイン性も高いです。

漆喰塗装メリット👍

調湿性:漆喰は、空気中の湿気を吸収したり放出したりする性質があります。
そのため、湿度が高い夏は湿気を吸収して室内の湿度を下げ、湿度が低い冬は湿気を放出して室内の湿度を上げることで、室内の湿度を一定に保つことができます。
これにより、カビやダニの発生を抑えたり、健康的な室内環境を保ったりすることができます。
防火性:漆喰は、不燃材料として建築基準法で認められています。そのため、防火性に優れています。
火が燃えると、漆喰は炭酸カルシウムに戻り、火を消火する働きがあります。
また、漆喰は高温にも耐えることができるため、火災時にも延焼を防ぐことができます。
耐久性:漆喰は、耐久性に優れています。
漆喰は、空気中の二酸化炭素を吸収して炭酸カルシウムに戻る化学反応によって硬化するため、長い年月をかけて徐々に強度を増していきます。
そのため、リフォームやリノベーションの際にも、漆喰の壁や床をそのまま残すことができます。
・美観性:漆喰は、美観性に優れています。漆喰は、塗り肌の凹凸や光沢によって、豊かな表情を表現することができます。
そのため、住宅の内装に高級感や温かみを与えることができます。
また、色や模様も自由に変えることができるため、デザイン性も高いです。

漆喰塗装デメリット😱

ひび割れ:漆喰は、乾燥や温度変化などの影響でひび割れる可能性があります。
特に外壁では雨風や日差しにさらされるため、ひび割れや剥離のリスクが高くなります。ひび割れた場合は早めに補修する必要があります。
工期・費用:漆喰は、専門的な技術と手間が必要な素材です。
そのため、他の素材や工法に比べて工期や費用がかかりやすいです。また、漆喰の施工業者や左官職人は少なくなってきているため、見積もりや施工の依頼が難しい場合もあります。
汚れ:漆喰は、汚れやカビに弱い素材です。
特に外壁では、雨水やほこりなどで汚れやすく、定期的な清掃が必要です。また、漆喰は水に溶けやすいため、水洗いはできません。
汚れた場合は消しゴムやサンドペーパーなどで落とす必要があります。

漆喰塗装費用

一般的に、漆喰壁の施工費用は室内の壁をリフォームする場合、1㎡あたり安いと4,000円、高いと7,000円程度と言われています。
室内の壁によく使われるビニールクロスなどの貼り替えは、1㎡あたり1,000円〜1,500円と言われているので、およそ4倍ほどの費用がかかることが分かります。

以上漆喰塗装とはでした✨
当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など
幅広く展開しております🌟
お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせ下さい📞✨

シェアする!