漆喰補修方法紹介!

 

 

こんにちは!ユウキホームです!

自然な風合いと高級感が和の雰囲気を醸し出す漆喰の外壁。シックハウスなど健康に悪影響を及ぼす心配もないことから、お住いの壁材に漆喰を選ぶ方も多いようです。

施工直後は美しくても、長い年月が経てば漆喰も汚れが目立ち、劣化も進む一方。そうなるとマメな補修やメンテナンスが必要不可欠になります。

この記事では、漆喰補修の基本的な知識についてまとめました。これから漆喰のメンテナンスをお考えの方は、ぜひご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

漆喰の基礎知識

漆喰の補修についてご紹介する前に、まずは漆喰の基礎知識について見てみましょう。

そもそも漆喰とは?

 

 

 

 

 

「漆喰」とは、外壁の塗装や屋根の目地埋めなどで使用する建築材で、白い色をしています。

耐用年数は、相応に経験のある職人が施工すれば100年は持つといわれるほど、漆喰は寿命の長い建築素材なのです。とはいえ、経年により汚れやひび割れなどが発生することもありますので、10年に1度程度の頻度で補修を行うのが理想とされています。

漆喰のメリット

漆喰のメリットは、何といっても白く高級感のある仕上がりになることです。昔のお城や武家屋敷の外壁には漆喰が使用されていますが、どれも品のある美しい外観を保っていますね。和風はもちろん、着色やデザインによって洋風にもマッチするのも魅力のひとつといえるでしょう。

また、調湿効果に優れているため、雨や湿気の多い気候には特におすすめの外壁材です。石材と同じ程度の防火性があり、他の建築材と比較すると防音性にも優れています。さらに耐用年数が長いこと、メンテナンスは10年に一度程度で済むこともメリットのひとつですね。

 

 

漆喰の補修が必要な場合とは?

いくら漆喰の耐用年数が長くても、定期的な補修やメンテナンスは欠かせません。もちろんそれ以外にも、外観に劣化や傷みが現れればその都度補修する必要があります。

では漆喰の外壁に補修が必要な時とは、一体どのような場合でしょうか? 具体的な症状を見てみましょう。

ひび割れ

漆喰は経年とともに硬さが増していきます。そのため、地震などの強い衝撃を受けたり、メンテナンスを怠ったりすると、ひび割れが起こりやすくなるのです。

漆喰のひび割れにより、雨水が浸入しやすくなってしまったり、耐震性が下がってしまったりする可能性もあるため、早めの補修が必要です。

浮き

漆喰を塗った後に、温度・湿度などの影響で下地の木材が収縮してしまうと、漆喰が下地から浮いてしまうことがあります。

下地が浮いてしまっていると、そこから雨水が浸入したり、住宅には影響のない程度であっても審美性が失われてしまったりすることがあります。

また重度の場合、浮いている部分に雨水がたまって腐食が進んでしまい、劣化を早めてしまう危険性もあるのです。

施行中に漆喰の塗り方が厚すぎたりスムーズに塗れていなかったりした場合は、乾いた後の漆喰の表面に小さな穴が生じることがあります。

施工する職人の熟練度が低いと、このような穴が生まれることも珍しくないようです。小さな穴とはいえ、そこから雨水が浸入する可能性もありますので注意が必要です。

汚れ

漆喰は水を弾かない性質を持っています。そのため濃い色の液体をこぼしてしまうと、漆喰に浸透してシミになることも。白い壁ですと、小さな汚れも目立ってしまい外観が損なわれてしまいますよね。

これは、家に重大な影響を及ぼすとまでは言えませんが、長くきれいな家を保つということを考えれば、塗直し等の補修が必要になるでしょう。

屋根の漆喰の劣化

漆喰は外壁だけでなく、屋根に使用されることも。一般的には瓦と瓦の隙間を埋める役割として使われたり、目地を埋めるのに漆喰が使用されています。

経年劣化でひびや剥がれが生じるとそこから雨水が浸入しやすくなり、雨漏りの原因となるため埋め直しが欠かせません。

まとめると…
  • 劣化や衝撃を受けるとひびが入りやすくなる
  • 施工不良で微細な穴があくことも
  • 水を弾かないため、汚れた水が漆喰に浸透するとシミになりやすい
  • 屋根の瓦や目地の漆喰が劣化すると、雨水が浸透するため埋め直しが必要

 

 

漆喰の劣化を放置すると…?

では、劣化した漆喰をそのまま放置するとどのような現象が起こるのでしょうか?

次のような劣化症状を見つけたら、早めに補修を行うようにしましょう。

雨漏り

漆喰の壁や屋根にひび割れが起きると、そこから雨水が浸入し雨漏りの原因になります。さらにそれを放置したままにしておくと、内部に水分や湿気がたまり建物自体の劣化を引き起こすことも。ひび割れ程度と軽く考えず、早めの処置を施すようにしましょう。

外観が悪くなる

真っ白で上品なイメージの強い漆喰の外壁。塗って間もない間は美しくても、白い壁はどうしても汚れが目立ちやすくなる傾向が。せっかく高級感のある仕上がりなのに、ところどころ汚れやシミを放置しておくと、みすぼらしく荒れた印象を与えてしまいます。

外壁や屋根の保護性能が低下する

外壁や屋根は、常に雨風や紫外線にさらされています。漆喰の外壁や、漆喰を使用した屋根を劣化したまま放置してしまえば、自然環境からお住いを守る保護性能自体の低下にも繋がります。

まとめると…
  • 壁や屋根にひびが入ると、雨漏りが起こる原因に
  • 漆喰の白壁は汚れが目立ちやすく、放置すると荒れた印象を与えることも
  • 雨風や紫外線などから家を守る保護性能が低下する

 

 

漆喰の補修方法を症状別に解説!

それでは、漆喰の劣化が始まったらどのように対処すればいいのでしょうか? 対応が早ければ早いほど、軽いレベルの補修で済みます。

ここでは、具体的な補修方法をご紹介します。

ひび割れ

漆喰のひび割れが深い場合は、ひび部分を削って穴埋め補修をするのが一般的です。ひび割れが小さかったり浅ければ、漆喰の塗り重ねだけで対応する場合もあります。

漆喰の塗装は経験の浅い業者にとっても難しいものです。業者の経験不足によって施工不良になることも。

その症状のひとつが、乾いた漆喰の表面に細かい穴があくこと。微細なものなら漆喰の塗り重ねで対処が可能です。

汚れ

漆喰の壁は細かい傷や汚れがつきやすいものです。また、漆喰には撥水機能がないため水分を吸収しやすく、一度水が染み込むと洗い流すことはできません。真っ白い壁に泥水や濃い色の水が染み込むと、汚れはますます目立ってしまいますね。

外壁に付いた汚れは、漆喰を薄く塗り重ねるだけでカバーできることも。汚れやシミが濃くて隠れない場合は、ヤスリやナイフなどで軽く削ってから漆喰を塗ればOKです。

瓦の隙間や目地のつなぎ部分の漆喰が劣化している場合は、既存の漆喰を剥がしてから下処理をして漆喰で埋め直します。

まとめると…
  • 軽いひび割れや微細な穴なら、漆喰の塗り重ねだけで可能
  • 汚れやシミも基本的には漆喰を塗り重ねで補修。それだけでは不十分な場合は、ヤスリやナイフで軽く削ってから漆喰を塗り重ねる
  • 瓦の隙間や目地部分の漆喰の劣化は、既存の漆喰を剥がしてから埋め直す

 

 

漆喰を美しく保つには適度なメンテナンスが不可欠

漆喰に限らず、どんな外壁材でも長い年月の間に劣化は免れません。漆喰のメリットである白く高級感のある仕上がりを保つには、メンテナンスは不可欠です。

漆喰はDIYしやすい外壁材でもありますが、信頼できる補修業者を探すのも必須です。美しい漆喰外壁を保つためにも

ぜひお気軽に当社へご相談ください!