瓦コーキングって??  

こんにちは!!
ユウキホーム宇都宮支店です!!✨

今回は瓦コーキングとは何か、必要性などいろいろ紹介していこうと思います!!

瓦コーキングとは

コーキング剤を使用して、雨漏りが起こらないようにするために行われます。コーキングに使われる材料はシリコン系やウレタン系などの樹脂などさまざまですが、ボトル入りの細長い缶状の製品で、先端からコーキング剤が出るようになっているものです。

瓦のヒビや欠け、ズレなど発生した時にコーキングが必要になります。もちろん、大きくヒビが入ってしまったり、粉々になってしまったりしている場合はコーキングではどうしようもありません。

☆コーキング材種類☆

シリコン系
ホームセンターで手に入るのはこのタイプの製品が多いです。洗面所やキッチン、浴室などの水場の内装でもよく使われるもので、価格が安くどこでも入手しやすいが、塗料がのらないので塗装したいところには不向きというデメリットがあります。

変形シリコン系

サッシやタイル、モルタルといった金属などにも使える、万能のコーキング剤です。塗装もでき、湿っている場所でも使え、耐久性も高い優れものです。しかし、価格が若干高く、塗料の色落ちもあります。

ウレタン系

サッシやタイルの目地によく使用されるコーキング剤で、塗装が可能です。しかし、紫外線に弱いので塗料しないままにしておくことができません。また、シリコン系のコーキング剤とは同時使用できません。

 

屋根をコーキングするメリット・デメリット

~メリット~

・軽度のひび割れを補修できる

・雨漏りを防止できる

~デメリット~

・重度の劣化は補修できない

 

・雨漏りを悪化させるおそれがある→雨が逃げる道をコーキングが塞いでしまい、違う場所へ水が流れてしまうため

 

 

 

瓦の修理とズレの補修にコーキングは有効的

瓦屋根の修理にコーキングが有効的な場合があります。その一つは、瓦のヒビやカケの修理。ちょっとひびが入ってしまった、カケてしまったという瓦の修繕にはコーキングが便利です。また、引掛け桟瓦葺き工法により葺かれた瓦が強風などでずれたときに、コーキングで補修することができます。瓦専用のコーキング材も市販されていますので、応急処置としておすすめです。

漆喰の劣化にはコーキングはNG

屋根の漆喰部分の修理にコーキング材は使えません。コーキング材は防水や気密効果を上げるための材料で、通気性がありません。屋根の瓦の土台部分に塗りこめられた漆喰には通気性があり、それで屋根裏にたまる湿気を逃がす役割をしています。その部分にコーキングをしてしまうと換気されないため、屋根瓦の下の棟下部分が腐食しやすくなります。

いかがだったでしょうか?

今回は瓦コーキングについてでしたが、ほかにも家の中外いろいろなところでコーキングは使われています!!

ぜひ、お家でヒビなど気になっているところがあったら使ってみてください😊

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫