瓦屋根の方へ、貴方の屋根は塗り替えが必要なセメント瓦やモニエル瓦かもしれません

定期的に塗装が必要となるスレート屋根や金属屋根に対し、瓦屋根はその必要がありません。近所で屋根塗装をしているのを見て、「瓦で良かった」と思った方もいるでしょう。しかし、その瓦の中にも定期的に塗装をとなければならないものがあることをご存知でしょうか。それがセメント瓦やモニエル瓦です。

お確かめください!
貴方の瓦屋根、塗装が必要なセメント瓦・モニエル瓦かも

 一般的に塗装シーズンと言われる春と秋。近所で足場が立ち、屋根塗装している様子を見かけると瓦屋根の建物にお住まいの場合、「うちは屋根塗装が必要でない瓦屋根で良かった」、「塗り替えするにしても外壁塗装だけで住むから、屋根塗装分の費用が浮いてお得」と思ったこともあると思います。粘土から造られた瓦は塗装の必要がない上に、非常に耐用年数が長く、寿命は50年とも100年とも言われています。現に日本には約1400年前に造られた瓦が現役で使われている建物もあるのです。

 しかし、瓦と呼ばれる建材の中にも塗り替えをしなけれはならないものがあります。それがセメント瓦やモニエル瓦です。
 セメントに繊維を混ぜ込み、成型して着色した屋根材で厚型スレートと呼ばれることからも分かるように、同じ素材の薄いスレート(カラーベスト・コロニアル)に近い性質を持っています。塗装をすることによって防水性を高め、表面を保護してあげる必要があるのです。

まずは自分のお家の瓦を知ろう

 街の外壁塗装やさんではたまに「瓦屋根と聞いていたから塗り替えなどのメンテナンスは必要ないと思っていたが、実は塗装が必要なセメント瓦だと築十数年経ってはじめて知った」というご相談が寄せられます。外壁となるといろいろと拘る方は多いのに、屋根は「あまり見えないから」といって興味を持たれない方も多いのです。
お住まいを大切にするためにもご自分のお家の屋根材は知っておきましょう。幸いなことに同じ瓦であっても、塗装が必要ない瓦と必要な瓦は形状などの外観から容易に判別できます。

塗装の必要ない瓦・粘土瓦全般の特徴

 自然界に存在する粘土を捏ねて成型し、窯で焼いたもの。釉薬をかけて焼いた釉薬瓦、焼いた後に燻したいぶし瓦、そのまま焼いた素焼き瓦がある。基本的にどの瓦でも断面や角が丸みを帯びているのが特徴。釉薬瓦のうわぐすりを掛けていない裏面と素焼き瓦は赤茶色をしてい。いぶし瓦は薫化させて色をつけているので、瓦の中までその色が染み込んでおり、割ってみると中まで黒いのが分かる。

塗装が必要の瓦・セメント瓦やモニエル瓦の特徴

 粘土瓦との最大の違いは断面や角が角ばっていること。また、意匠性に飛んだものも多く、表面にラインなどの装飾がなされているものも多い。他の特徴として粘土瓦より大きいものが多く、表面が粘土瓦のように滑らかではなく、ゴツゴツしている。こういった特徴がある瓦はセメント瓦かモニエル瓦なので、定期的な塗装が必要になります。
では、塗装しないとどうなるのか?
セメント瓦とモニエル瓦も主成分はセメントであり、塗膜が薄くなってくれば、容赦なく水が染み込んできます。水が染み込んでくると、そこにセメントの成分であるカルシウムが溶け出し、外部に流出していきます。成分であるカルシウムが流出していくと、それだけ内部はスカスカになりますから、どんどん強度が落ちて脆くなっていくのです。つまり、それだけ割れやすくなります。
セメント瓦とモニエル瓦は新品であっても、粘土瓦のような強度はないと言われています。その強度が落ちていくのですから、これは問題です。防水性は塗装によって回復させられますが、流出したカルシウムを元に戻すことは不可能です。長持ちさせようと思ったら、その前にメンテナンスすることが大前提です。

瓦屋根の方へ、貴方の屋根は塗り替えが必要なセメント瓦やモニエル瓦かもしれません

定期的に塗装が必要となるスレート屋根や金属屋根に対し、瓦屋根はその必要がありません。近所で屋根塗装をしているのを見て、「瓦で良かった」と思った方もいるでしょう。しかし、その瓦の中にも定期的に塗装をとなければならないものがあることをご存知でしょうか。それがセメント瓦やモニエル瓦です。

お確かめください!
貴方の瓦屋根、塗装が必要なセメント瓦・モニエル瓦かも

 一般的に塗装シーズンと言われる春と秋。近所で足場が立ち、屋根塗装している様子を見かけると瓦屋根の建物にお住まいの場合、「うちは屋根塗装が必要でない瓦屋根で良かった」、「塗り替えするにしても外壁塗装だけで住むから、屋根塗装分の費用が浮いてお得」と思ったこともあると思います。粘土から造られた瓦は塗装の必要がない上に、非常に耐用年数が長く、寿命は50年とも100年とも言われています。現に日本には約1400年前に造られた瓦が現役で使われている建物もあるのです。

★粘土瓦は耐用年数が長い
 しかし、瓦と呼ばれる建材の中にも塗り替えをしなけれはならないものがあります。それがセメント瓦やモニエル瓦です。
★塗り替えが必要な屋根材
 セメントに繊維を混ぜ込み、成型して着色した屋根材で厚型スレートと呼ばれることからも分かるように、同じ素材の薄いスレート(カラーベスト・コロニアル)に近い性質を持っています。塗装をすることによって防水性を高め、表面を保護してあげる必要があるのです。
★セメント瓦やモルタル瓦は塗装をすることによって防水性を高め表面を保護してあげる必要があります

まずは自分のお家の瓦を知ろう

 街の外壁塗装やさんではたまに「瓦屋根と聞いていたから塗り替えなどのメンテナンスは必要ないと思っていたが、実は塗装が必要なセメント瓦だと築十数年経ってはじめて知った」というご相談が寄せられます。外壁となるといろいろと拘る方は多いのに、屋根は「あまり見えないから」といって興味を持たれない方も多いのです。
お住まいを大切にするためにもご自分のお家の屋根材は知っておきましょう。幸いなことに同じ瓦であっても、塗装が必要ない瓦と必要な瓦は形状などの外観から容易に判別できます。

お家に使われている建材等が分からない場合は無料点検をご利用ください

塗装の必要ない瓦・粘土瓦全般の特徴

 自然界に存在する粘土を捏ねて成型し、窯で焼いたもの。釉薬をかけて焼いた釉薬瓦、焼いた後に燻したいぶし瓦、そのまま焼いた素焼き瓦がある。基本的にどの瓦でも断面や角が丸みを帯びているのが特徴。釉薬瓦のうわぐすりを掛けていない裏面と素焼き瓦は赤茶色をしてい。いぶし瓦は薫化させて色をつけているので、瓦の中までその色が染み込んでおり、割ってみると中まで黒いのが分かる。

塗装が必要の瓦・セメント瓦やモニエル瓦の特徴

 粘土瓦との最大の違いは断面や角が角ばっていること。また、意匠性に飛んだものも多く、表面にラインなどの装飾がなされているものも多い。他の特徴として粘土瓦より大きいものが多く、表面が粘土瓦のように滑らかではなく、ゴツゴツしている。こういった特徴がある瓦はセメント瓦かモニエル瓦なので、定期的な塗装が必要になります。
 セメント瓦とモニエル瓦も主成分はセメントであり、塗膜が薄くなってくれば、容赦なく水が染み込んできます。水が染み込んでくると、そこにセメントの成分であるカルシウムが溶け出し、外部に流出していきます。成分であるカルシウムが流出していくと、それだけ内部はスカスカになりますから、どんどん強度が落ちて脆くなっていくのです。つまり、それだけ割れやすくなります。

 セメント瓦とモニエル瓦は新品であっても、粘土瓦のような強度はないと言われています。その強度が落ちていくのですから、これは問題です。防水性は塗装によって回復させられますが、流出したカルシウムを元に戻すことは不可能です。長持ちさせようと思ったら、その前にメンテナンスすることが大前提になるのです。

瓦屋根共通のメンテナンス どんな瓦屋根にも漆喰の補修は必要です

 粘土瓦であっても、セメント瓦やモニエル瓦であっても、瓦を固定し、支えているのは漆喰です。漆喰は粘土瓦のようにメンテナンスフリーというわけにはいかず、定期的にお手入れが必要になります。漆喰の耐用年数は十数年と言われていますから、屋根塗装の度に点検してあげれば安心です。

また、現在では漆喰を使わない棟瓦の固定方法も普及してきました。軽量のハイロールという樹脂製のテープで覆った補強木材に棟瓦を固定する方法です。仮に棟の長さが40mとすると、従来の工法よりも約650kgの軽量化が可能となります。棟瓦のずれや崩れに対して強くなるだけでなく、耐震性も大きく向上します。耐用年数も長くなるのでお勧めです。こういったメンテナンスも街の外壁塗装やさんにご相談ください。

セメント瓦とモニエル瓦の塗装は意外と難しい

 実をいうとセメント瓦とモニエル瓦は塗装が必要にも関わらず、その施工の難易度が高いのです。技術や腕が要求されるわけではないのですが、塗装してもすぐ剥がれてくるという施工不良が起こりやすいのです。

モニエル瓦は製造中止の上、在庫もほぼゼロ
セメント瓦も廃盤で在庫が少ない状態
長持ちさせるためにこまめなメンテナンスが必要です

 粘土瓦よりもメンテナンスに手間がかかる上に耐用年数は短いというこで、セメント瓦とモニエル瓦の人気は下降し、現在では製造・販売を行っているところも少なくなりました。セメント瓦については製造・販売を行っているところは極めて少数です。モニエル瓦は外資系の会社で日本市場からは完全に撤退しています。撤退時、モニエル瓦の在庫は豊富に残されていたらしいのですが、東日本大震災でその倉庫が被災し、ほぼ割れてしまったそうです。新品では手に入ることはまずなく、中古もかなり希少となってしまいました。今ある瓦をできるだけ長く、使い続けるしかないのです。長く使い続けるためにも塗り替えなどのメンテナンスを続けていかなければなりません。

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

 

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫