防水が必要な個所について

 

こんにちは!佐久平支店です🍇

乾燥がひどい今の季節、火元にはくれぐれもご注意ください⚠

今回は防水が必要な個所についてお話します!

( 種類・特徴についてはこちら )


 

防水工事の必要な個所

瓦などの『傾斜屋根以外』の屋根
  陸屋根  屋上 バルコニー  ベランダ など

木材・コンクリートなどの平らな面を

漏水から守るために、防水工事が必要です‼

 

歩く場所🚶 → 摩擦直射日光の当たる場所☀ → 紫外線 など

様々な原因でも建物の寿命は縮んでいきます。

雨が捌けずにたまると、劣化するスピードが早まるので

とにかく水の侵入を防ぐことが大切です。


 

そもそも、バルコニーやベランダの “ 違い ” とは?

テラス主に一階で外にそのままつきだしているところ

カフェにあるテラス席といったらイメージしやすいと思います😊

バルコニーよりも広めである事が多いです!

 

屋上最上階の屋根の部分が水平な床になっているところ

はしごや階段で外から上ることがある。

取り入れているお家は少ないかもしれません😶

 

バルコニー住宅から外に出ている部分のうち、屋根がないところ

主に手すりで囲われていて、屋根がないので洗濯物は干せません😢

不動産物件等では屋根があってもバルコニーと呼ぶ場合もあります!

 

ベランダ住宅から外に出ている部分のうち、屋根があるところ

手すり、もしくは立ち上がり(垂直の壁)などで囲われています😮

屋根の代わりに軒などの場合もあります!


 

こだわりの設備が劣化してしまう前に

まずはご自宅に当てはめてチェックしてみてください!

お困りごと・相談等お気軽にユウキホームにお問い合わせください🏘✨

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫