防水工事の種類と特徴とは?メリット・デメリットの紹介

 

防水工事にはさまざまな種類があります。防水工事の種類やその概要、主な特徴などについてお伝えしていきます。

防水工事は建物を雨水から守るための大切な工事です。防水工事について知りたい方は、ぜひご覧ください。

防水工事とは?

防水の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
防水工事とはどのような工事のことを言うのでしょうか。

ここでは、防水工事の概要や必要性、施工する場所などについてお伝えしていきます。

防水工事はなぜ必要?

防水工事は、建物を雨水などの水分から守るために必要な工事です。防水工事を行わないと、雨が降ったときに容易に雨水が建物内に浸入してしまいます。

雨水が建物内部に入り込むと、外壁の内部が腐食してしまい、建材が劣化します。そうなると、建物の全体的な劣化が進み寿命も縮んでしまうでしょう。

建物の良い状態を保ったまま、建物の寿命を縮めないためには、質の良い防水工事は欠かせません。

防水工事を行う場所

重い屋根はリフォームしにくい:軽い屋根材の勧め|スマイルカラーズ!あなたのお家を笑顔にします!
防水工事は主に、屋根や屋上、外壁の目地といった雨水が入り込みやすい場所に行います。屋上や外壁の他には、バルコニーやベランダの床などにも行われる工事です。

これらの場所に防水工事が行われることで、建物の内部に雨水が浸入することがなくなり、雨水による建物の劣化を防ぐことができます。

 

防水工事の種類

防水工事には、アスファルト防水、ウレタン防水など、さまざまな種類があります。

以下に主な特徴を表にまとめましたので、ご参照ください。詳しい特徴などは後の章でお伝えしていきます。

防水工事の種類 主な特徴
アスファルト防水 アスファルトで防水工事をする。防水機能は高い。
FRP防水 ガラス繊維を含んだ塗料で行う防水工事。防水箇所の形状を問わない。
ウレタン防水 ウレタン塗料による防水工事。費用が安いが耐久性も低い。
シート防水 防水シートによる防水工事。屋内防水には必須の素材。
シーリング防水 シーリングで目地の防水を行う工事。

防水工事の種類と特徴①アスファルト防水

アスファルト防水とは、アスファルトを用いた防水工事のことです。

ここでは、アスファルト防水の特徴やメリットデメリットなどについてお伝えしていきます。

アスファルト防水とは

アスファルト防水とは、アスファルトを使って屋上を防水する方法です。アスファルトを屋上に張り付けて防水するため、かなり防水効果は高いと言われています。

アスファルト防水にも工事方法が複数あるので、それぞれの建物に適した工事方法を行うことが大切です。勾配が少なく、スレートなどが使えない屋根にも有効な防水方法となっています。

アスファルト防水のメリット・デメリット

アスファルト防水にはメリット、デメリットがあります。

主なメリットは、防水性が高いこと、また耐用年数が他の材料と比べて長いことが挙げられます。

一方デメリットは、アスファルトを高熱で溶かす処理をする際に、異臭や煙が発生することです。環境によっては、周辺からの苦情の原因になることもあるので、注意が必要でしょう。

 

防水工事の種類と特徴②FRP防水

陸屋根の防水工事費用はいくら?費用相場と工事方法の特徴について|雨漏り修理110番|修理:25,000円〜&事前調査・相談無料
FRP防水とは、塗料を使った防水工事です。

形状を問わないので様々な場所の工事ができます。

FRP防水とは

FRP防水とは、プラスチックとガラス繊維の塗料を使ってバルコニーやベランダを防水する方法です。

アスファルト防水よりも見た目が美しいので、デザイン性を重視する場合にも重宝される施工方法となっています。

FRP防水のメリット・デメリット

FRP防水にもメリットとデメリットがあります。

FRP防水の主なメリットは、FRPが塗料なので塗装場所の形状がどんな形状でも防水可能である点と、ガラス繊維が入った塗料なので仕上がりがガラスのように美しくなる点です。

 

防水工事の種類と特徴③ウレタン防水

防水工事の方法とは | 株式会社アルファウォール
ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使った防水工事です。

ここでは、ウレタン塗料を使ったウレタン防水についてお伝えしていきます。

ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使って屋上やバルコニー、ベランダを防水する方法です。

アスファルト防水やFRP防水よりも気軽に防水できますが、耐久性が低いという難点もあります。

ウレタン防水のメリット・デメリット

ウレタン防水にもメリットとデメリットは存在します。

ウレタン防水の主なメリットは、塗料を使用するため防水する場所の形状を問わないという点です。また、ウレタン塗料は塗料単価がリーズナブルなので施工費用が安くなります。

主なデメリットは、アスファルトやFRPに比べると耐久性が低い点です。また、10年単位で塗り直しが必要になり、メンテナンスにコストが必要となります。

高い耐久性と防水性を得たい場合は、アスファルト防水の方がおすすめです。

 

防水工事が必要なケースとは?

防水工事が必要なケースとは、どのようなケースなのでしょうか。

ここでは、防水工事が必要になるケースをいくつかご紹介していきます。

前回の改修から10年経っている

屋根内部のルーフィングシート以外は、防水工事は10年が目安なので、10年を経過したら劣化の調査を依頼してください。

特に補修が必要な劣化症状がなければ様子見でも大丈夫でしょうが、補修する必要がある箇所が見つかった場合は、適宜対応していく必要があります。

劣化症状が出ている

アスファルト防水
シーリングが破損している、雨漏りしている、塗装がひび割れているなどの劣化症状が出ている場合は、補修をする必要があります。

劣化症状を放置していると、建物内部に雨水が浸入し劣化が進行してしまいます。

まとめると…
  • 前回の補修から10年以上経過している場合は点検を依頼する
  • シーリングや雨漏りなどの劣化症状がある場合は早急に補修する

防水工事を検討すべき劣化症状

劣化症状によっては、防水工事を検討した方がいい場合もあります。

ここでは、防水工事を検討した方が良い劣化症状についてお伝えしていきます。

剥がれや膨れ

剥がれの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

特に塗装に多い現象ですが、防水のための塗料に剥がれや膨れといった現象が出てきたら防水工事を行うサインです。

シート防水の場合は、一部が剥がれている状態になっていたら補修工事なり防水工事なりを行いましょう。

ひび割れ

ひび割れたアスファルトの道路[10131079216]の写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ

塗料や材料がひび割れを起こしていたら、早急に防水工事が必要です。

ひび割れを放置していると、その隙間から雨水が浸入して建材の劣化を早めます。ひび割れを見つけたら、放置せずに補修や工事を業者に依頼してください。

破損

防水シートや塗装の一部が下地ごと破損している状態のときも、補修が必要です。

防水シートや塗装の破損を放置しておくと、水分が建物内部に浸入して劣化を早めてしまいます。雨漏りをしているようなら、防水シートだけでなく他の建材も破損している可能性があるので、早急に調査を依頼した方が良いでしょう。

チョーキング


チョーキングとは、塗料の膜が劣化して触るとチョークのような粉がついてくる現象のことです。

チョーキングが起こると、塗膜がだいぶ劣化してきたことの証なので、起こった場合塗り直しなどのメンテナンスが必要となります。

まとめると…
  • 剥がれや膨れなどの塗膜ほ劣化が出てきたら補修が必要
  • ひび割れや破損は雨水の浸入の危険が高いので早急に補修が必要
  • チョーキングが起こったら塗膜の塗り直しを検討する

防水工事にはさまざまな種類がある

防水工事とひとことで言っても、アスファルトを使ったり塗料やシートを使ったりと、様々な種類のものがあります。

勾配が少ない平らな屋上は、アスファルトで防水するのがおすすめです。一方ベランダの床など雨水が当たりにくい場所は、ウレタン防水やFPR防水など塗料による防水でも問題ない場合があります。

防水工事を行うときは、建物に合ったタイプの防水工事を選んで、満足度の高い防水工事をしてもらいましょう。

 

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽にユウキホームにご連絡くださいませ。