陸屋根とは🏡

こんにちは!高崎支店です🐷

今回は陸屋根についてお話します🌟

陸屋根とは…

陸屋根(ろくやね・りくやね)は平屋根やフラット屋根、フラットルーフとも呼ばれ、屋根勾配の無い平面な屋根のことをいいます。スタイリッシュな外観になる為、近年とても人気のある屋根です。

陸屋根のメリットとデメリット
メリット
◦屋上として活用できる

屋上空間として家庭菜園やバーベキューを楽しんだり、また都会で庭を作ることができないときも活用できます。ベランダの代わりに洗濯を干すことも可能なので屋根部分のスペースを有効活用することができます。

◦メンテナンスがしやすい
清掃や補修工事を行う時に作業がしやすく、足場も必要ない場合があるためコストも少なくできます。屋上としての活用を考慮して、施工の際に階段を設けている場合は、よりメンテナンスがしやすいです。
デメリット
◦雨漏りしやすい
陸屋根は平らなため三角屋根に比べると水はけが悪く、しっかりと防水処理をしておかないと雨漏りする可能性があります。雨漏りがないように建築技術も向上していますが、それでも防水材料は経年劣化しますので必ず定期的なメンテナンスが必要になります。
◦夏場、最上階が高くなる
構造や断熱材、その材質にもよりますが、屋根と天井の間に空間がないので屋根に当たる陽射しによって天井面の温度が上昇しやすくなります。そのため最上階に熱がこもりやすく最上階の気温が高くなりやすいという特徴があります。
◦積雪に弱い

積雪量が多くなると住宅が雪の重みに耐えられなくなる可能性もあるため、注意が必要です。積雪が多い地域の場合は、あらかじめ屋根に融雪用の設備を導入するなどの対策が必要になります。

いかがだったでしょうか?
今回は陸屋根のメリット・デメリットをお伝えいたしました😆
お住いの屋根が陸屋根なら必ず定期的にメンテナンスを行いましょう🌱