雨天時の外壁塗装について☔🎨


こんにちは!ユウキホーム宇都宮支店です!
今回は、雨天時の外壁塗装についてご紹介します🕊️

 

 

そもそも雨天時に外壁塗装ができるの??と疑問を持った方が多いのではないでしょうか。
雨天時に塗装を行うと塗料や品質など様々な問題が発生して決ます。
具体的にどのような工事が出来ないのか、またどのような問題が出てくるのか詳しく解説していきます!

 

 

雨が降ったときの塗装工事への影響

雨の日でも塗装が出来るかどうかは、基本的に雨の日は外壁塗装が出来ません。
気温5度以下、湿度85%以上の時は塗装が望ましくありません。
では、なぜ湿度が85%以上だと外壁塗装が望ましくないのかというと、塗料に雨や結露などの不純物が入ってしまい変色や塗膜の形成不良を起こしてしまう可能性があるからです。

 

直接雨が当たるところではないところでも、湿度が高いと塗料が乾燥できなかったりという問題点があります。
これらの理由を踏まえると、きれいに塗装を仕上げるには雨の日は塗装をしないほうがいいと考えられます。

ですので、雨の日は現場を空けざる負えない日もあるということです。
工期が伸びてしまう可能性もあります。

 

 

雨の日の外壁塗装工事は塗料に影響がでたり、工事の品質が落ちてしまったりといったさまざまなリスクをともないます。
このようなリスクを回避するためにも天気予報が雨の場合や、急に雨が降ってきた場合はできるだけ外壁塗装工事を行わないというのが正しい選択となります。
塗装業者としっかり打ち合わせをして満足のいく仕上がりにしましょう。