雨樋の代表的6つの種類③

こんにちは!佐久平支店です🌼

これまで2回にわたって、雨樋の素材について紹介してきましたが

今回は最終章「銅・アルミニウム」について紹介していきます👀


⑤銅・・・多くの性質・種類をもった金属

【メリット】

○ 塩ビの雨樋よりも耐久性がある

○ 錆びづらい

○ 時間の経過とともに、風格を感じられる

【デメリット】

✕ 他の素材と比べて高額になりやすい

✕ 酸性雨の影響で穴があいてしまうことがある

✕ 酸化後の青緑色により、住宅を着色してしまうことがある

point !!

銅製の雨樋は、他の素材と比べて価格が高いため、

住宅パーツに対して強いこだわりのある方におすすめです😎

神社や仏閣の屋根材で採用されており、

酸化後の色の風合いが和風な住宅にとても合います🍵

 


⑤アルミニウム・・ボーキサイトという鉱石が原料のもの

【メリット】

○ ステンレス同様の高い耐久性

○ 錆びにくい

○ 膨張やたわみもしにくい

【デメリット】

✕ 製品の種類が多くないためデザイン・カラーなどの自由度が低い

✕ 流通量が少ない分高価

point !!

アルミニウムは、最大160m程まで長さの調節ができ

継ぎ目のない長い雨樋を作れる素材です🤗

見た目が良い・トラブルが起きにくい といった利点アリ!!

 


 

 

今回は「銅・アルミニウム」の素材についてご紹介しました💫

3回にわたり、雨樋の6つの種類についてご紹介してきましたが

ぜひ今後の参考にしていただけると幸いです☺

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫