雨樋の代表的6つの素材①

こんにちは!佐久平支店です😊

寒い日々が続き、日の入り時間もすっかり早くなりましたね…❄

今回は以前のブログで紹介した【雨樋の代表的6つの素材】の中から、

2つの素材について詳しく紹介していきます!


 

塩化ビニール・・・硬質塩化ビニルと呼ばれるプラスティック素材

雨樋塩化ビニール

【メリット】

 種類が豊富にあるため、住宅の形状に合わせやすい

 雨風が当たっても錆びない

 価格が安い

【デメリット】

 雨風や紫外線による劣化が起きやすい

 経年劣化によって割れなどの破損が起きやすい

 10年前後で交換メンテナンスが必要になる

point !!

銅や鉄の雨樋と比べて手軽で低コストな素材ですが、

20年以上長く使い続けるとなると、少し耐久性に不安が残ります。

ですが、リフォームや簡易的な部分修繕で使い勝手が良く、主流となっています!

 


 

他の合成樹脂・・樹脂の表面に紫外線に強い特殊な加工を施した合成樹脂

【メリット】

 紫外線による劣化・熱による体積変化を起こしにくい成分が用いられている

 質感や見た目は塩化ビニール樹脂によく似ている素材を採用

【デメリット】

 塩化ビニールに比べて製造に手間がかかるため、やや単価が高め

 

point !!

塩化ビニール製との違いはほとんどありませんが、耐久性に大きな違いアリ!

樹脂表面に、紫外線による劣化に対して強い処理を施すことで、

紫外線に対してある程度の耐久性は確保できちゃうんです!

 


 

今回は「塩化ビニール・他の合成樹脂」の素材についてご紹介しました🌸

比較してみるとそれぞれの良さがあり、おもしろいですね😳

次回は「ガルバリウム鋼板・銅」の素材についてご紹介します!

 

当社では外壁の無料診断、雨漏り診断など幅広く展開しております。

お気軽に最寄りのショールームへお問い合わせください!

💫また当社の施工実績はこちらの画像から💫