雨漏りしてからでは遅い?屋根塗装のタイミングは?

屋根を塗装するタイミングをご存じですか?完全に劣化してから屋根塗装をしたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし完全に劣化してしまい雨漏りするような状況になる前に、屋根塗装をする必要があります。

屋根は普段見えない場所なのでわかりづらいのですが、ここでは屋根の塗装をするタイミングをご紹介します。

屋根の役割

屋根の役割は、雨風から住人を守ってくれるだけではありません。やねの役割を詳しくご紹介します。

雨風などからの保護

屋根の役割と聞いて、まず思いつくのは雨や風などから守ってくることではないでしょうか。屋根に塗装をするさいに、塗膜を作ることにより雨、風さらに紫外線、埃などから守ってくれます。

屋根の役割には他にも、遮熱や断熱機能があります。さらに塗装の種類によっては防カビ、防汚などの機能を加えることができます。例えば断熱効果があれば、熱による屋根の劣化を和らげることができるのです。

美観効果

屋根はもっとも家の中でも目立つ場所です。屋根の色やつやによっては、その家のイメージが大きく変わります。そのため屋根には美観効果があるのです。

逆に色が剥げてしまっていると、上記に説明したような機能が働かないだけでなく見栄えも悪くなってしまいます。

屋根の劣化の進み具合

屋根は雨風を最も受ける場所であり、劣化が進みやすい場所です。しかし直接屋根を見る機会は少なく、劣化しているのを実際に見る機会は少ないのではないでしょうか。それでは屋根がどのくらい劣化したら塗装したらいいのでしょうか。屋根の塗装のタイミングをご説明します。

屋根の塗装の目安

状況によっても異なるのですが、屋根の塗装の目安は塗装をしてから約10年間です。塗料によっても異なります。10年といわれるのはウレタン系塗料やシリコン系塗料がこれにあたります。

フッ素系塗料はさらに長く15年~20年、しかしアクリル系塗料であれば5年~6年で塗装が必要になります。

このような状況なら塗装するべき

上記の期間に達していないいなくても、以下のような状況であれば屋根を塗装する時期にきています。

  • 雨漏りしている
  • 変色している
  • カビや錆がある
  • 塗装がはげている

このような状態になっていれば、劣化は進行しているため早急に塗装をすることが必要になります。雨漏りをしていればすぐわかるのですが、変色やかびなどは2階の窓や、外にでて双眼鏡などで確認する方法があります。

塗装は雨漏りやかびが発見されてからでは遅い

しかし忘れないでいただきたいのは、上記のような状況はすでに劣化が進んでいる状態です。

雨漏りをするとどうなるか

雨漏りをしていると、木材に水が入ってしまい腐っていってしまいます。さらに金属の錆びが進行していまい大変危険な状況です。こうなってしまうと塗装だけでなく、防水加工も必要になります。

また雨漏りの原因は水が屋根に侵入していることが多いのですが、決して原因はそれだけではありません。例えば多いのは瓦屋根の場合屋根材がずれてしまったり、割れてしまったりしていることがあります。瓦がずれてしまったり、われてしまったりするとにより雨水が侵入してきます。ずれている場合は修正は簡単ですが、割れてしまっていたら交換が必要です。

谷樋板金が腐食していることも考えられます。谷樋板金とは、屋根にある雨を貯めて置く場所です。雨を貯める場所なので、劣化が進みやすく劣化が進んでしまうと腐食し雨漏りの原因となります。早めに谷樋板金を交換することが大切です。

さらには雨樋のつまりや、コーキングのはがれなどさまざまな理由が考えられます。そのため雨漏りを修繕するには、業者に現地調査をしてもらう必要があります。

こうなる前に、早めに塗装のし直しをおすすめします。

かびが生えるとどうなるか

色褪せをほっておくと、かびなどの症状に悪化します。こうなると塗装だけでは修繕することができないため、費用も高くなってしまいます。かびやこけが生えるということは、屋根が水分を含んでしまうことが原因です。

こうなると、かびやこけをとったあと、もう一度塗り直す必要があります。特に日の当たらない場所はコケの繁殖が早くなりやすいので注意が必要です。

色褪せ

遠目で見ても色が薄いなと感じるようであれば、屋根が色あせている可能性が高いです。紫外線によって塗料が色あせていることが多いのですが、見た目だけの問題ではなく水を含みやすい状況であることでもあります。

この症状が見られたら、早めに業者をよんで塗装をしてもらうことをおすすめします。色褪せはまだ初期段階ですが、このままほっておくと雨漏りやひびなどの症状につながります。

ひび割れ

屋根が水を含みやすい状態になると、水をふくむことで膨張また乾くことで収縮します。乾いたらいいわけではなく、そのつど屋根に負担がかかってしまいひび割れにつながってしまいます。

放置しておくと、ひび割れがさらに広がってしまいますので、早めに修繕が必要です。またひび割れまで進んでしまうと、先にひび割れ部分の補修も必要になります。そのために早めの対応が必要となります。

 

屋根は点検が必要

屋根は最も雨風が当たる場所でありながら、見えにくい場所にあるため塗装をするべきか判断するのは容易ではありません。そこで屋根は特に定期的な点検が必要になります。

大きなトラブルを防ぐ

屋根は他の場所と比べても、家の大きなトラブルになる可能性があります。また修理費用が高くなってしまうなど悪循環となってしまいます。点検をしてもらうことで、トラブルの進行が始まっている箇所を早期で見つかる可能性もあります。

人間の病気と一緒で、屋根も少しでも症状が軽い方が修理はしやすく費用も安くなります。雨漏りなどの状況になる前に見つけたいものです。

安心感がある

屋根を定期的にメンテナンスをすることで、安心して生活をすることができます。また今の屋根の状態をしっていれば、次に塗装をする必要がある時期がある程度わかり、資金繰りも落ち着いてすることができます。

普段見えない

外壁であれば、塗装が必要な時はある程度わかるものです。しかし屋根は普段見ることができないので、素人では全く判断することができません。そのため定期的なメインテンスをしておくことが大切です。

気候によっても、屋根の劣化に大きな変化があることもあります。そのためよく屋根の状況を把握しておくべきでしょう。

劣化しない屋根はない

どれだけ環境がよくても、屋根は必ず劣化します。つまりいつかは必ず塗装が必要になるのです。また劣化状況が思った以上に進行していれば、塗装だけでは済まなくなってしまうのです。

まとめ

屋根の再塗装のタイミングは、普段屋根の状態を見ることがほとんどないので難しいです。そのため雨漏りがしてから塗装をすればいいと考える方もいらっしゃいます。

しかし実際に雨漏りが始まっている状態だと、すでに劣化が始まっており塗装だけでは済まないことが多いです。最もいい状態の場合で屋根は10年に1度塗装をし直す必要があります。

しかし使った塗料や天候などの状況によっては、この期間がさらに短くなる時があります。また2階の窓や周辺の建物などから屋根が見える時は、時々確認をするようにしてください。

そして早めに業者に相談をするようにしてください。雨漏りがしてからでは、もうすでに劣化が始まっており塗装のタイミングとしては遅いです。