雪が外壁にもたらす影響

こんにちは!佐久平支店です🏠

今年の冬は豪雪地帯になるところが多いですね☃️
かく言う長野県も雪が各所で降り始めました🌨❄️

そこで今回は『雪がもたらす外壁の影響』
についてお話しようと思います!

みなさんが思い浮かべる「外壁にもたらす雪の影響」ってどんなものがありますか?

あまりピンと来ないですよね💭

実は「え!これ雪の影響!?」というものがあるんです!!
ぜひ一緒にチェックしていきましょう✨✨

 

原因

そもそも、なぜ雪が外壁に影響をもたらすかと言うと…

雪には氷のような状態のものもあり、外壁にぶつかった衝撃で表面がへこんでしまったり、表面に穴があいて下地が見えてしまったり😱😱

外壁が雪で覆われて、気温が上がって溶けたりを繰り返すと外壁内部に入った水分が体積を膨張していき劣化を引き起こしたり😱😱

さらには小さなひび割れからまた雪が入り…氷になって…ひび割れのすき間からまた雪が入って…と大きなひびになる悪循環が起こってしまいます😱😱💦

このように雪が外壁を破損させていくことを凍害と言い、

この凍害によって外壁に影響を与えてしまっているのです🌨

そして、凍害が起きてしまう根本的な原因が…

外壁の塗装部分の防水機能の低下です⤵️

対策

壁の防水機能の低下しないために効果的なことは

塗装すること

これだけで防水性を低下させないんです!

ただ上辺だけ塗るのではなく、きちんと内側部分もしっかり塗るのが大切💡

中には既に内部まで浸透して劣化が始まっている…なんてこともあります💦

塗装が剥がれていたり、劣化してきたな…と思ったら適度に外壁のメンテナンスしてあげましょう🔧

まとめ

いかがだったでしょうか?
雪って意外と外壁を劣化させる原因に繋がっているんですね😱❄️

雪の降る地域では見過ごせませんね👀

ユウキホームでは
無料で外壁診断していますので気になった方はぜひご活用ください✨✨