魅力の多い和風住宅だからこそ外壁塗装前に知っておきたいポイントをご紹介

魅力の多い和装住宅!色決め?メンテナンス?和装住宅塗装で失敗しない為の注意点!!!

皆さんが生活している住宅は以前から変化したと思いませんか?畳ではなくフローリングの住宅が多くなり、外壁材もかつて多くの和風住宅で使用されていたモルタルよりも、サイディングやタイル・煉瓦といった洋風な印象を与える外壁材のお住まいが増加したように感じます。これらは私たちの生活自体が西洋化していることと大きく関係しているのですが、近年では古民家の購入も増加してきています。もともと和風住宅というのは日本の環境に合わせて建てられており、柔らかな風が室内を吹き抜け強い日差しを遮る大きな屋根があり、しっかりとメンテナンスをされていれば築100年を迎えるというお住まいも少なくないでしょう。畳の肌触りを楽しみ木のぬくもりを感じられる和風住宅を好む方は多く、近年では和風住宅の魅力を取り入れた「和モダン」住宅も人気です。もちろん和風住宅も洋風住宅同様に外壁材が劣化しないように外壁塗装を行っていく必要があるのですが、いくつか注意点がございます。そこで今回は和風住宅と洋風住宅の違い、和風住宅の外壁塗装を行う際のポイント、和風住宅の外壁塗装で失敗しない為の注意点をご紹介したいと思います。

和風住宅が人気の理由と洋風住宅との違い

皆さんは和風住宅と聞くとどのような印象を持たれるのでしょう?古い、寒い…といったネガティブなイメージを持たれている方も多いでしょう。しかしやはり和風住宅が良い!という方も増え古民家を再生する動きも見られます。

和風住宅は日本の風土・気候に合わせて様々な自然素材が使用されており、調湿・調温・吸音機能にも優れています。和風を感じさせる畳や木の匂いが好きな方も多いですよね?洋風住宅が建ち並ぶ中に和風住宅があると思わず目を惹きます。

和装住宅は日本の風土・気候に合わせて様々な自然素材が使用されています!

では和風住宅と洋風住宅の根本的な違いは何でしょう?床の間や仏間があるから和風?フローリングだから洋風?外壁がモルタルだから和風?サイディングだから洋風?恐らく現在は様々な様式を取り入れているお住まいが多く、建物を見て感じた印象が和風住宅かどうかを判断しているのだと思います。

建て方も和風住宅の場合は木造軸組み工法(在来工法)や稀にRCや鉄骨、洋風住宅の場合はツーバイフォー工法や軽量鉄骨・RCなど様々ですが在来工法が採用されることもありここが明らかに違う!という点はないのです。

現在は様々な様式のお住まいが多く建物の見た目や印象で和装住宅か洋風住宅か判断出来ます
和装住宅と洋風住宅明らかに違う点はないのです。

しかし和風住宅の場合はほとんどのケース、特に築年数の経過している和風住宅は木造住宅かと思います。風通しが良く通気が出来ていたとしても、雨漏りが起きれば和風住宅の構造木材は腐食し耐久性は著しく低下してしまいますので、日頃のメンテナンスや外壁塗装は行っていかなくてはなりません。

築年数の経過したはそう住宅はほとんどのケースで木造住宅です!

雨漏りが起きれば和装住宅の構造木材は腐食し耐久性は著しく低下してしまいます。

和風住宅に多く使用されている建材があります

和風住宅と洋風住宅の明らかな違いがないということはご説明させていただきました、問題は見たイメージです。そこで和風住宅によくみられる部位とメンテナンス方法をご紹介したいと思います。

1.瓦

和風住宅の屋根はほとんどが瓦です。近年は屋根の軽量化=耐震性の向上というイメージが強く、中には軽量屋根材に葺き替える方も多いでしょう。

しかしやはり日本家屋・和風住宅ならではの瓦を好み使用し続ける方ももちろんいらっしゃいます。屋根を支えているのは柱と壁ですので定期的な外壁塗装工事で住宅全体の劣化を防いでいきましょう。
 金属屋根材と瓦を組み合わせた屋根(腰葺き屋根)も格式を上げながらも屋根全体の軽量化を図り、住宅全体に軽やかな印象を与えますので外壁に暗めの色を使用してもバランスがとりやすくなります。

2.漆喰(しっくい)

職人自らが現場で直接塗り仕上げる漆喰やモルタルは、重厚感がありながらも柔らかな印象を与え、和風住宅らしい仕上がりです。

漆喰は防水性・調湿機能・防火性に優れており二酸化炭素を吸収することで強度を高める優れものです。汚れやすい為外壁塗装や漆喰の塗り替えは必要になりますが、塗装する際に通常の塗料を使用してしまうと数年で剥がれを起こしてしまう恐れがありますので漆喰の特徴を把握した塗装・左官業者に工事を依頼しましょう。ひび割れや欠けが発生しやすい漆喰も、定期的に塗り直せば新築同様に仕上がります。

・塗装する前に通常の塗料を使用してしまうと数年で剥がれを起こしてしまいます
・ひび割れや欠けが発生しやすい漆喰も定期的に塗りなおせば新築同様に仕上がります
3.モルタル

モルタル外壁を使用しているという和風住宅は多いと思います。スタッコやリシン、ボンタイル等仕上げ方や塗る職人によっても違い、正に世界に1軒だけのお住まいです。