無機塗料の特徴とは?メリットとデメリットを解説

耐久性に優れる塗料としてトップクラスのものといえば「無機塗料」です。しかしシェアはまだ限定的なだけに、どのような塗料かよくわからない人も多いのではないでしょうか?

「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」など有機物を原料とする塗料は「有機塗料」といって一般的によく使われているものです。対して無機物を原料とする塗料が「無機塗料」になります。

今回は「無機塗料」の特徴や注意点について、またどのような人に適した塗料なのかなど詳しく解説したいと思います。

無機塗料の特徴とは

無機塗料とは、セラミックケイ素などの無機物を成分に含む塗料のことをいいます。これら無機物は、単独では塗膜にならないため、従来の樹脂と混合して塗料としていることが特徴となります。したがって無機塗料とは、無機物と有機物のハイブリッド塗料ということです。なお無機塗料といっても無機物の含有率に規定はないため、その点では注意が必要となるでしょう。

まずは無機塗料のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

無機塗料のメリット

  • 耐久性、耐候性に優れる
  • 汚れやカビが発生しにくい
  • 燃えにくい

無機塗料は塗料のなかでも耐久性、耐候性がトップクラスに高いことが最大の特徴といえるでしょう。これは成分の無機物が紫外線で劣化することがないためで、耐久年数は混合している有機物に左右される部分となります。耐久年数は20~25年となっており、シリコン塗料が1015年、フッ素塗料が1520年と比較しても性能の高さがわかります。

また無機塗料は親水性が高いため、雨などで汚れを浮かせて一緒に洗い流す自浄作用が働き、汚れの堆積やカビの発生を防止することも特徴のひとつです。

そして無機塗料は、成分の無機物は不燃性があることから燃えにくく、万が一の火災があっても被害の拡大を防止します。

無機塗料のデメリット

  • 材料コストが高い
  • ひび割れしやすい
  • 塗れない素材がある

無機塗料は耐久性には圧倒的に優れますが、材料コストも高くなります。採用にあたっては長期的な視点からコストパフォーマンスを見きわめて判断する必要があるでしょう。

また無機物を含んでいることから塗膜が硬く、地震などで揺れが加わった場合にはひび割れを起こすことがあります。ただし弾性タイプを採用することで緩和することも可能です。

そして無機塗料は木材など伸縮しやすい動きの大きな素材への塗装には適しません。種類によっては木材以外にも塗装不可としている素材もあるため、事前確認が必要です。

無機塗料を選ぶときの注意点とは?

無視塗料は性能の高い塗料ですが、選ぶときに注意しておきたいこともあります。

それは無機塗料にも、製品によってはよくないものが存在することです。塗料に含まれる無機物の含有率には規定がないため、その量によって耐久性にも開きが生じます。無機塗料はハイブリッド塗料という性質から、混合している樹脂の影響を受けやすく、無機物の含有量が少ないと耐久性が低くなるわけです。したがって無機塗料を採用するなら、信頼できる大手塗料メーカーの製品のなかから選ぶことが重要といえるでしょう。

無機塗料を取り扱うおもな大手塗料メーカーは以下の通りです。

  • 日本ペイント株式会社
  • 関西ペイント株式会社
  • エスケー化研株式会社
  • 株式会社アステックペイントジャパン

その他にも、外壁塗装の耐久性は高くてもコーキングの耐久性が低いとメンテナンスの周期にねじれが生じる点では注意が必要です。コーキングの品質も無機塗装に見合う高品質なものを検討することが重要となるでしょう。

無機塗料の選択に適した人は?

塗料のなかで最もグレードの高い無機塗料ですが、どのような人に適しているでしょうか?無機塗料の選択に適した人についてご紹介したいと思います。

  • メンテナンスの回数を減らしたい人
  • 汚れやすい立地にある建物

無機塗料の最大の魅力といえば圧倒的な耐久性です。他の塗料と比較して劣化の進行は遅いため、塗り替えの周期も長くなります。メンテナンスをできるだけ減らしたい人にとって無機塗料は最適といえるでしょう。ただし無機塗料の採用と同時に、コーキングや屋根、付帯部の塗装などについても高品質なものを選ぶことが重要です。

また無機塗料は防汚性に優れるため、道路際など汚れやすい立地にある建物などに塗装すると大きな効果を発揮します。

まとめ

無機塗料は非常に性能の高い塗料ですが、なかには無機塗料を謳いながらそれほど性能に期待できないものもあるため注意が必要です。無機塗料が持つ適切な効果を得るためには、大手塗料メーカーの製品を使うことと、かつ信頼できる塗装会社を選ぶことが重要といえるでしょう。

外壁塗装の塗料には多くの種類がありますが、予算や立地など家庭ごとに異なる環境に適したものを選択することが重要です。塗料に関する不明な点や塗装に関するご相談は、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。