シリコン塗料の特徴とは?メリットとデメリットを解説

住宅の外壁塗装の塗料で現在最も高いシェアを占めているのは「シリコン塗料」です。ではなぜ「シリコン塗料」が多くの支持を集めているのでしょうか?

それは他の塗料と比較してコストパフォーマンスに優れ、非常にバランスのとれた塗料だということが理由といえるでしょう。ただし定番の「シリコン塗料」でも、採用にあたって注意しておかなければいけないこともあります。

今回の記事では「シリコン塗料」の特徴や注意点について、またどのような人に適した塗料なのかなど詳しく解説したいと思います。

シリコン塗料の特徴とは

シリコン塗料とは、主要成分にシリコン樹脂を使用している塗料のことをいいます。住宅の外壁塗装に使用される塗料のなかで最も多いシェアを占めているといわれ、定番といってもよい人気の塗料です。

まずはシリコン塗料のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

シリコン塗料のメリット

  • コストと性能のバランスがよい
  • 汚れにくい
  • 実績が多い

シリコン塗料は、コストが比較的安くて性能が高い、いわゆるコストパフォーマンスに優れる点が最も大きな特徴といえるでしょう。とくに耐久年数は10~15年となっており、アクリル塗料の5~7年、ウレタン塗料の8~10年と比較しても性能が高いため、メンテナンスコストを大きく削減できます。

また汚れが付着しにくく、長期に渡りきれいな塗膜を維持します。

そしてなによりも多くの塗装実績があることから性能の高さは実証済みで、施工やメンテナンスなどノウハウの蓄積があることは大きな強みといえるでしょう。

シリコン塗料のデメリット

  • ひび割れしやすい
  • 扱いが簡単ではない

シリコン塗料は塗膜が硬く、下地が大きく動くような環境にあるとひび割れなどを起こす場合があります。

また重ね塗りをする場合は適切な処理が必須になることなど取り扱いが難しく、施工時にはプロならではともいえる一定の技術が必要です。

シリコン塗料を選ぶときの注意点とは?

外壁塗装の塗料にシリコン塗料を採用するときに注意しておきたいことがあります。それは、外壁にはシリコン塗料を使いながら、付帯部(雨樋、破風板、戸袋など)にはグレードの低い塗料を使用することです。

コストを少しでも安くするために、付帯部に安くグレードの低い塗料を使う工事業者も一部に存在します。付帯部にのみウレタン塗料などグレードの低い塗料を使用すると、外壁よりも早く劣化しメンテナンスのタイミングが早まってしまいます。付帯部といえども劣化が進行すると雨漏りの原因にもなる重要な部位になるため、外壁塗料と同等かそれ以上のものを採用することが重要といえるでしょう。

なお株式会社ユウキホームでは、外壁塗装のいかなるプランでも、付帯部への塗装に超高耐久の「フッソ塗料」を標準で使用しています。これは標準プランとしているため、追加費用をいただくことはありません。

シリコン塗料の選択に適した人は?

シリコン塗料は住宅の外壁塗装としてスタンダードな塗料といえ、選択することで概ね失敗することはないでしょう。

またここからは、とくにシリコン塗料の選択に適した人についてご紹介したいと思います。シリコン塗料の選択に適した人は、おもに次の通りです。

  • コストパフォーマンスの効果を期待したい人
  • 日常のお手入れを楽にしたい人

シリコン塗料は性能とコストのバランスが非常に優れています。できるだけ初期コストを抑え、かつ高い耐久性を期待するならシリコン塗料が最も適しているといってもよいでしょう。

またシリコン塗料は、防汚性や撥水性、透湿性に優れるなど、美観の維持にも高いパフォーマンスを発揮し外壁のお手入れを楽にします。

まとめ

シリコン塗料はコストパフォーマンスに優れる定番塗料といってもよいでしょう。

ただし「フッ素塗料」や「無機塗料」など、コストが高いことから需要は限られていますが、シリコン塗料よりもさらに性能に優れるものも多くあります。とくに近年急速にシェアを拡大している塗料に「ラジカル塗料」があり、今後も需要の高まりが予想されます。また技術発展や企業努力によって、さらにコストパフォーマンスの高い塗料が現れ主役の座が入れ替わるかもしれません

外壁塗装の塗料は、予算や立地など家庭ごとに異なる環境に適したものを選択することが重要です。塗料に関する不明な点や塗装に関するご相談は、弊社のリフォームアドバイザーまで、お気軽にお問い合わせください。